2016年11月27日

大阪モノレール 瓜生堂駅への延伸について思うこと

大阪モノレールという路線があります。
大阪空港(伊丹空港)から千里中央・万博記念公園を経由して、近畿自動車道沿いに南茨木・摂津・大日・門真市をつなぐ路線です。(支線もありますが、これについての説明は省略します。)

2015年にこの路線の延伸が正式に決まり、門真市から門真南・鴻池新田を経由して、東大阪の荒本、そして近鉄奈良線の瓜生堂駅(若江岩田と八戸ノ里の間に設置されるであろう新駅)までを結ぶ事になりました。
この計画には東大阪市が70億円を上限に資金を出資(残りは大阪府と国と鉄道会社が出資)する予定なのですが、この事からも推察できるように、この延伸は東大阪市にとって大きくメリットがある事業だと思います。

かくいう私は東大阪市民なのですが、下記の点が大きなメリットになると思っています。
続きを読む
posted by TCT at 19:39| Comment(0) | 主張とか

2016年11月13日

今年の漢字はたぶんアレ(2016年)

2016年も残すところあと2ヶ月となり、毎年恒例の「今年の漢字」を決める季節がやってきました。

私は毎年、「今年の漢字は多分アレだろうな・・・・」というのを勝手に予想しているのですが、残念ながら当たった事はありません。
しかし、今年はなんとなく自信があったので、それを記事にしてみました。

そのままその漢字を書くと、誘導と取られてしまう可能性がありますので、その漢字を特定するための情報だけ書きたいと思います。

・小学校2年生で習う漢字。
・全部で9画です。
・この漢字を分解すると、2画の部分と7画の部分に分かれます。
・ネガティブな意味を持つ漢字ではありませんが、これによって災害が発生する可能性があります。

今年は「アレ」がたくさん来ましたし、トランプ氏の話題が頻繁に報道されましたし、SMAP解散に始まり、清原氏逮捕、ベッキー騒動と、芸能界も大荒れでした。
そんなわけで、あの漢字になるんだろうなと思っています。
(仮に選ばれなくても、2位にはなるんじゃないかなと。)

候補の次点は「荒」ですかね。
ではでは。
posted by TCT at 10:32| Comment(0) | 主張とか

2016年10月10日

2016年秋アニメいろいろ

恒例のアニメ感想記事です。
ネタバレにならない程度に、1話を見た時点の感想を書いていきます。

今期はだいぶ数が多いので、様子見の作品が多いです。
 
続きを読む
posted by TCT at 11:13| Comment(0) | 漫画・アニメ

2016年07月18日

第3回 スプラトゥーン 好きなブキとか

前々回前回の記事で、Splatoonの好きなステージやブキについて語りましたが、あれからブキチセレクションが登場したり、好きな武器が弱体化したりして、ブキの好みがさらに変わってきました。
というわけで、またまた好きなブキについて語りたいと思います。

好きなステージはあれから変わっていませんが、ショッツル・アンチョビはどちらも好きなステージです。

では早速いってみましょう。
なお、最近ガチをやっていないので、全てナワバリバトルを前提で書いています。
 
続きを読む
posted by TCT at 23:30| Comment(0) | 日記

2016年07月16日

2016年夏アニメいろいろ

今期は少し数が少ないですが、その分、期待度の高い作品も多いです。
それでは、(ネタバレに配慮しつつ)さっそく始めていきたいと思います。

あと、最後の方で春アニメについても少し触れます。
 
続きを読む
posted by TCT at 13:02| Comment(0) | 漫画・アニメ

2016年04月29日

Empire of Code 操作説明とか

プログラミングしないと戦えないWebストラテジーゲーム「Empire of Code」が時間泥棒確定!(APPGIGA)
http://plus.appgiga.jp/masatolan/2016/04/27/56951/

こんな記事があったので、ためしにやってみました。
しかし‥‥当然の事ながら英語のゲームなので、何が何だかよく分かりません。

「せっかく面白そうなゲームなのに、操作が分からないのは勿体ない!」
というわけで、簡単な操作説明の記事を、大雑把に作ってみました。

なお、「何をするゲームなのか?」が知りたいかたは、先に上記の記事をご覧下さい。
 
続きを読む
posted by TCT at 15:02| Comment(0) | 日記

2016年04月21日

2016年春アニメ雑感

ほんとに今期は豊作だと思います。
なにしろ、チェック中の30分アニメが7本もあるのですから‥‥

というわけで恒例の記事ですが、さっそく書いていきたいと思います。

●はいふり(ハイスクール・フリート)
ゆるふわ学園モノかと思ったら、アルペジオだった。そんな感じの作品です。
「がっこうぐらし」のような、いわゆる「びっくり箱アニメ」によく例えられますが、それほどでもないと思います。

というのも、話の流れ自体は「ゆるふわ」なんですよね。アクシデントがある以外は完全に「ゆるふわ」のノリです。
(個人的には1人芝居の子がなかなかイイ感じです。)

あと、謎に包まれた展開なのも良いと思います。先が気になって、3話が待ち遠しくてたまりません。
(タイトルが変わったという話を聞いた時点で、なんとなく続きが見たくなりそうな予感がしたので、1話を見る前から2話を録画予約してしまいました。)

今期で一番楽しみな作品です。人が死ななければいいなぁ。

●ふらいんぐうぃっち
青森で暮らす、魔女の女子高生の日常です。
といっても、いわゆる「日常系」のようなキャピキャピした作風ではなく、かなりおとなしい感じの「日常」です。男も普通にいます。
あと、ギャグはとてもシュールです。ボキャブラ風に言うと「バカシブ」って感じですかね。
間の取り方が絶妙で、これも先が楽しみな作品です。
あまりにも次の放送が待てないので、コミックスを3巻まで買ってしまいました。4巻以降も買いたいのですが、あまり先を知りすぎるとアニメの方の楽しみが減ってしまうので、4巻以降は我慢しています。

●くまみこ
山の中で、しゃべるクマと暮らす、中学生の巫女さんのお話です。なにげにこれも舞台が東北です。
都会に憧れているのに、都会の知識皆無の巫女さんがなかなか良い味出しています。
こっちもギャグはけっこうシュールですが、少しインパクト寄りかもしれません。
あと、妄想の中のまちちゃんが可愛s(検閲されました。)

●ばくおん!
タイトルからして「けいおん!」っぽいですが、実際、けいおんを意識して作ったと思われる設定や描写が随所にあります。
主人公が初めて乗ったバイクは「バイ太」だし、よくできる(憂ちゃんのような)妹キャラがいたりと、バリバリにけいおんを意識しています。
でも、けいおんに似ているのはここまで。それ以外はバイクにまつわるエピソードや「バイクの楽しさ」が存分に描かれています。
あいにく私はバイクには詳しくありませんが、そんな私が「バイクって楽しそうだな」と思ってしまうほど、バイクの魅力がきちんと書かれていて、すっかり好きな作品になってしまいました。
ネット配信は完全に有料ですが、これだけ面白ければちゃんと録画するので問題ありません。
あと、リンちゃんが素晴らしs(これも検閲されました。)

●少年メイド
おいおい、ショタものかよ。と思うかもしれませんが、そういう話ではありませんので安心して下さい。
健気な少年が若い叔父さんに雇われてメイドになる話です。
今のところみんなキャラが立っていてとても面白いですし、微笑ましいエピソードもなかなか多いです。
しっかり者の主人公の健気さが全体的にいい味出してると思います。

●三者三葉
3人の超個性的な女の子たちのお話です。
まあ普通の、女の子だらけのゆるふわ日常系なのですが、キャラの強さのお陰で、なかなか退屈しません。
眼鏡の子の腹黒さ具合がヤバいですw

●あんアピ♪
不幸な女の子だらけのゆるふわ日常系です。
もう一度言います。登場人物のほとんどが「不幸」です。
色んなタイプの不幸少女が集められた「1年7組」の3人組(のちに5人組になりそう?)のお話で、ゆるい感じで話が進んでいきます。
不幸と言っても全然重い話ではないので、安心して見れると思います。

●パンでPeace
ここから3〜5分枠です。
パンが大好きな4人の女の子のゆるふわ日常系です。
短いせいか、まだ何とも言えませんが、短いので見続けられるでしょう。

●うわかめ
「てーきゅう」の作者によるスピンオフです。ですが、アーススターの動画は重くてダウンロードに時間がかかるので、完走できるかは少し微妙です。


というわけで、駆け足で紹介しました。
本当はジョジョ第四部とかも気になるのですが、さすがに本数多すぎるのでキツそうです。

さて、ほんと今期は「ゆるふわ」でないものも含めて、日常系が多いですね。
実際、「ゆゆ式」〜「ごちうさ」で日常系ブームが盛り上がった事で、確実に日常系の波が来ていると思います。
(中には「がっこうぐらし」のような罠アニメもありますがw)
果たしてこの日常系天国が吉と出るか凶と出るかは‥‥案外、この春が終わったらハッキリするのかもしれません。

ではでは。
posted by TCT at 20:56| Comment(0) | 漫画・アニメ