2018年10月23日

ソフトバンク光の怪しい怪しい訪問営業が来た件

久々に夕食を自炊していると、いきなり部屋のインターホンが鳴り出しました。
今のところ、アポなしでインターホンを鳴らすのは、宅配便を除けば99%勧誘です。

ですが違う可能性も一応ありますので、ためしに出てみます。
そして出てきた第1声が

「回線担当の○○です。」

はい、会社名を言いません。思いっきり怪しいです。

「マンションの前の電柱まで工事が終わりましたので、工事の説明にまいりました。」

えっ、何の依頼もしてないのに工事?
というかウチのマンション、マンション備え付けの専用回線があって、それを格安で使ってるんですけど?
ていうか、それ無視して勝手にフレッツ申し込もうとしたら管理会社が許可してくれなかった覚えがあるんですけど?
と言うとややこしくなりますので、

「えっ、契約もしてないのにですか?」

と聞いてみたところ、

「はい。ご存知の方が少ないので、説明させていただいてます。」

という返事が返ってきます。

あまりにも怪しいので、もう一度、「あの、どちら様でしょうか?」と聞くと、

「回線担当の○○です。」

という同じテンプレ返答が返ってきます。きっとそう言うように会社から指導されているのでしょう。とはいえ、マンションと契約している関係の業者の可能性もありますので、念のため

「どちらの会社ですか?」

と聞いてみたところ、ようやく会社名が出てきました。

「ソフトバンクです。」

えーーーー。

また信用ならない会社の名前が返ってきました。
いや、ソフトバンク自体はまあ、ある程度少しは信用できるんです。

ですが、ソフトバンクの代理店(それもおそらく、二次請けとか三次請け)にはロクな噂がありません。

ウチの親戚は、「プロバイダ変えてもメールアドレスはそのままお使いいただけますよ。」という大嘘を信じてソフトバンク光を契約させられました。
ソフトバンクの代理店は、平気で虚偽の説明をするような連中なのです。

かくいう私も、ソフトバンク光の勧誘の電話が6回ぐらいかかってきています。
うちのマンションは対応していませんという説明をしたら諦めてくれるのですが、1〜2ヶ月後にまたかかってきて同じ説明をさせられます。

こんな状態ですので、「ソフトバンクの勧誘=ロクでもない人たち」という図式が出来上がってしまっていました。
しかも、ソフトバンクともあろう者が、最初に会社名を名乗らないのは明らかにおかしいです。絶対この人、ソフトバンクの非正規代理店か、もしくは二次請け以下の人です。

だから、「えっ、ソフトバンク(の有線回線は)契約してませんけど?」と聞いてみます。
実は私、携帯電話はソフトバンクを使っていますので、正式な代理店の人であれば、「いや、携帯電話契約されていますよね?」と返してくるはずです。が、

「いえ、それでもご案内させていただいております。」

と返ってきました。つまり、私がソフトバンク利用者である事を知らないのです。
この時点で、この人と話をしてはいけないと思いました。

だから、ぶっちゃけて「でもどうせ説明とか言って勧めてくるんじゃないですか?」と聞いてみたところ、少し言い淀んでから、

「いえ、、説明だけです。」

と歯切れの悪い答えが返ってきました。全く信用できません。
そこで、

「あー、要らないです。」

と言ってみたところ、相手は何も言わずにインターホンを切りました。
ウチにはよく、防犯グッズの訪問販売が来るのですが、要らないと言うと皆、何も言わずにインターホンを切ります。つまり、訪問販売業者と同レベルの対応を平気でするような奴なのです。

後でネットで調べてみたところ、やはりこういう人たちと契約するのはやめた方が良いとの事でした。

・不要なオプションを付けられる(ネット電話、ネットTVなど)
・キャッシュバックなどが満足に受けられず、損をする
・コースも何もかもお任せで業者が決めてしまう


という事例があるとの事。(まるで街のソフトバンクショップみたいですね。)

今のマンションの回線、昔は質が悪かったのですが今年に入ってから少し改善しましたし、変える理由なんか有りませんからね。
そもそも、契約しても管理会社が許可してくれないと思います。勝手に穴を開けて工事して知らんぷりとか平気でやらかしそうな気がしますけどね!

というわけで、身分も明かさずにネットを勧めてくる奴にロクなのは居ないというお話でした。
特にソフトバンクは要注意です。

ソフトバンク本体は一流企業として振る舞っていますが、下請けの代理店や営業の事なんか気にも留めていません。むしろ、どんな手をつかってでも契約を取らせて、責任だけ代理店に押し付けているのではないかと疑ってしまうレベルです。

ソフトバンクと何らかの契約をするなら、直営ショップかネットのソフトバンクショップを使う事をお勧めします。
ではでは。
posted by TCT at 21:31| Comment(0) | 日記

2018年10月11日

なぜ、きらら系や日常系には女キャラしかいないのか?

という件について、この前知り合いと議論になったのですが、酒の席だった事もあって、結局結論は出ませんでした。
それから数日が経ち、色々と考えてそれなりに考えがまとまりましたので、久しぶりにブログに書いてみることにします。

ちなみに私は、この件については肯定的です。

●なぜ、女キャラしか居ないことが問題なのか?
まず、この事を問題にしている人は、たいてい下記のような理由だと思われます。
・リアリティが無い(男のいない環境などあり得ない)
・普通、この年頃なら恋愛の1つや2つしているはずであり、違和感がある。
・こんなに可愛い子に男が寄りつかないわけがない。

●女キャラしかいない3つのパターン
さて、ひとえに女キャラしか居ないと言っても、大きく3パターンに分けられます。そして、パターンによって女キャラしか居ない理由が少し異なります。

A.メインキャラは女しか居ないが、モブには普通に男が描かれるパターン
B.メインキャラからモブに至るまで、完全に男を排除しているパターン
C.百合作品なので、男を登場させる意味がないパターン

※近親者(父親など)は例外とします。

それでは、1つずつ見ていきましょう。

続きを読む
posted by TCT at 23:48| Comment(0) | 漫画・アニメ

2018年08月26日

Will:素晴らしき世界 攻略記事

手紙の文面を並び替えて運命を変えるゲーム というのがある事を知り、早速ダウンロードしてやってみました。
感想については別の機会に書くとして‥‥‥

ようやく100%コンプを達成しましたので、攻略の際つまづきそうな箇所について書いていきたいと思います。
(このゲーム、マトモにコンプリートしようとしたら作業ゲーになってしまうため、そういうのが嫌な人向けです。)
ネタバレ防止のために、

表示するにはここをクリック
こんな感じに折りたたまれて表示されます。


で隠していますが、↑が折りたたまれていない場合、ブラウザが対応していません。
その場合、モロにネタバレが表示されますのでご注意下さい。
 
続きを読む
posted by TCT at 04:19| Comment(0) | ゲーム

2018年01月17日

2018年冬アニメいろいろ

今期ちょっと豊作すぎやしないですかね?
というわけで、恒例のコーナーです。

続きを読む
posted by TCT at 17:37| Comment(0) | 漫画・アニメ

2017年11月01日

2017年秋アニメいろいろ

風邪引いて寝込んでいたのですが、ちょっとマシになったので記事でも書いてみます。
というわけで、秋アニメです。
今期は意外と大漁なのですが、例によって見る時間が足りないので、別の意味で苦しみそうです‥‥

●ブレンド・S
目つきの悪い女の子が、「属性接客喫茶」でドSキャラをやる「日常系」のお話です。
他にも、ツンデレ属性、妹属性といった個性的なキャラが居ますが、女の子しか出ない系のお話ではなく、むしろ主人公と店長のラブコメです。
(私はそういうのもイケるので大丈夫ですが、人によっては気になるかもしれません。)
‥‥‥とは書いたものの、実は「NewGame!」の放送が終わったときに「きららキャラット」を購読していた時期がありまして、その時にこの作品は3巻まで購読していたりします。
だからストーリーは全部知っているのですが、元々好きな作品ですので、やはりアニメも楽しめます。
みんなヌルヌル動いて可愛い上に、ツンデレの子がアニメだとなかなか色っぽく描かれてます。もちろん、主人公の魅力もきちんと書かれていて、いい感じにアニメ化できているなと感じました。

●魔法使いの嫁
これも原作を最新刊まで持っています。
「スレイ・ベガ」という珍しい体質の女の子が人身売買で魔法使いに買われ、弟子として、そして「嫁候補」として日常を過ごしたり、事件に巻き込まれたりするお話です。
個人的には日常パートの方が好きですが、事件パートもなかなか面白く、おすすめです。
あと、この作品、主題歌がいいです。早速、先ほどiTuneで購入してしまいました。
その曲を背景にしたPV(https://www.youtube.com/watch?v=W9KZgJgo-x0)がまた素晴らしくて、放送前に何度も繰り返して見たほどです。
(代わりに本編OPがだいぶ寂しい感じになってしまっていますが、ただの仮OP‥‥だと思いたいですw)
2クール体勢というだけあって、かなりの力の入れようで、今のところ出来には満足です。

●ネト充のススメ
三十路・ニート(会社勤め経験はあり)・ネナベという主人公が、ネットの中で女の子(ナカマ)と仲良くなり、そしてリアルでも色んな男性(ネットの女の子の「中の人」含む)と出会うお話です。
なかなか都合の良い展開ではあるのですが、こういう「偶然」を夢見た事がある人にとっては、なかなか楽しめるお話なのではないかと思います。(かくいう私もそういう夢を見た事はありますw)
しかも結構先が気になる作りで、毎話楽しみにしています。
原作の更新が止まっている(らしい)のが気になりますが、アニメ版はきっと綺麗に終わってくれる‥‥と思いたいです。

●このはな綺譚
キツネ耳の女の子たちが勤める旅館「このはな荘」の新入り主人公と、仲居さんたちとのお話です。
こっちは漫画の掲載誌が「百合姫(現在はコミックバーツに移籍)」なので、ガチで女の子たちのゆるふわ物語です。
少しマジな話もあるので、完全な「ゆるふわ」とは言い切れないかもしれませんが、それほどキツくもありませんので、楽しく見ることができています。

●鬼灯の冷徹(2期)
「地獄の日常」をテーマにしたブラックジョーク系のお話です。1期を見ていたので、安心して見ることができます。
時間さえあれば毎話見る‥‥はずです。


今のところ見ているのはこの5つです。アニメガタリズは、2話が有料なのでやめました。
ニコニコのコメントを見ていると、他にも面白いのがあるらしいのですが‥‥‥見る余裕もあまり無いですし、どうしましょうかねぇ。

ではでは。
posted by TCT at 14:10| Comment(0) | 漫画・アニメ

2017年10月09日

2017年夏アニメ 感想

間が開いてしまいましたが、2017年の夏アニメについて語りたいと思います。

なお、春は残念ながら全滅でした。
元々、「これはいい!」というのがそれほど無く、それでもいくつかは見ていたのですが、途中から忙しくなってしまい、見る余裕がなくなってしまいました。

というわけで、夏アニメです。

●異世界食堂
日本のとある洋食屋の扉が、異世界につながったら‥‥‥という作品です。
ビーフシチューに激ハマりしたドラゴンや、ロースカツ大好きな賢者が出てきたりしますが、ジャンルはギャグでも萌えでもなく、「いい話」系です。

何となくほっこりと、落ち着くような、それこそ「いい感じのお店」を訪れた後のような、そんな暖かい気持ちになるお話が揃っています。そういう意味で、とても出来の良い作品だと思います。

あとアレッタちゃん可愛いです。っていうのを抜きにしても、お勧めできる作品だと思います。


●NEW GAME!!
去年の夏にやっていた同名の作品の第2期です。
原作本を全部読んでいたのですが、それでも見てしまいました。
サブヒロインも含めて、みんな可愛くていいキャラしてると思います。ゆんかわです。

2期はコンペがあったりライバルが現れたりという展開があり、少々シリアスが入るのですが、個人的には許容範囲内だと思います。


●セントールの悩み
人外の日常モノです。

セントール‥‥‥人馬の主人公を中心に、翼人や角人、南極ヘビ人などのクラスメイトとの日常を描いた日常系です。
と言いたいのですが、この作品の興味深いところは、「他種族を差別すると思想矯正所行き」という、やたらと重くてダークな設定がある事です。

もちろん、実際に連行されるシーンは無く、ヒロインが矯正所に送られる事もないのですが、この設定のお陰で、微妙なディストピア感というか、いい感じのスパイスが効いていて、とても興味深い作品だと思います。なにげに風刺もあります。
たまに、主人公が一切登場しないシリアス話をぶっ込んできますが、前述の設定があったお陰で、それほど気になりませんでした。

あと、個人的にOP曲がかなり気に入っています。

■秋アニメについて
(他の趣味で)忙しくてあまり見れないため、夏アニメについてはこれだけです。
とはいえ、これだけだと寂しいですので、少しだけ先取りして、秋アニメの話でもしてみます。

今のところ見る予定なのは、「魔法使いの嫁」と「ブレンド・S」です。
とはいえ、どちらも原作を持っていますので、その補正が強いです。「魔法使いの嫁」はシリアル系ですが、PV(第3弾)の出来がとにかく凄いです。「ブレンド・S」はきらら系ですが、どちらかと言うと「WORKING!」的なラブコメです。当然、男が出てきますので賛否あるかもしれませんが、私は気にしませんので見る予定です。
あと気になるのは、「このはな綺譚」「鬼灯の冷徹(2期)」「アニメガタリズ」辺りでしょうか。
「ネト充のススメ」も気になるのですが、まだ配信されていないのでニコ動の配信待ちです。

ではでは。
posted by TCT at 23:35| Comment(0) | お知らせ

2017年09月10日

スプラトゥーン2 好きなブキとか

さて、Splatoon2の発売から1月半ほど経ちました。
初代Splatoonの時にもこういう記事を書いていたのですが、2にもそこそこ慣れてきましたので、今度は2で好きなブキを勝手に挙げてみたいと思います。

※あくまで私が「好きな」ブキです。
※現時点で、私のウデマエはA帯です。上手いわけではありません。
※もし間違っている事を書いていたら、生温かい目でご容赦いただけるとありがたいです。


・わかばシューター(全てのガチルール)
最近、このブキの良さが分かってきました。
インクアーマーが少しだけ弱くなりましたが、このブキの真価はスプラッシュボムだと思っていますので、それほど困りません。
1の時にも書きましたが、メインのインク効率が良いという事は、サブのスプラッシュボムを高頻度で投げられるという事です。これこそがこのブキ最大の強みだと思います。
また、塗り能力が高いので、エリアを塗る、ホコの道を作る、敵が塗ったホコの道を潰す、という動作がとてもやりやすいです。
さらに、メインのインクが飛び散るという事は、そう簡単によけられない事を意味します。他の弾が直線に飛ぶようなブキだと、左右によけられたり、そのまま横に回り込まれたりして撃ち負けてしまう事があります。(特に、相手がマニューバやボールドの時。)ですが、わかばのインクは広範囲に飛び散りますので、そういうよけ方をされても当てることができます。
さらにさらに、少しだけ高い台の上や、低い所への攻撃も可能です。例えば、ホッケのコンテナの上から、コンテナの下の敵に流れ弾を当てられる程度には高低差に強いです。(運が良ければ、2体同時にキルできる事も‥‥‥)
‥‥とまあ、そんなわけですっかりお気に入りのブキになってしまいました。とはいえ、これだけだと飽きますので、他のブキも使います。

・プライムシューター(ガチエリア。たまにガチヤグラ)
1の時に気に入って、そのまま引き続き使っているブキです。コラボはまだ使いこなせていません。
多くのシューターに対して射程差を押し付ける事ができ、しかも射撃精度が良いので狙いが合えば意外と簡単にキルできます。
96ガロンみたいに、狙ってるのに当たらない、という事もありません。
インクの燃費が悪いのが弱点ですが、インク回復やインク効率を積んで、インク回復をこまめにすればどうにかなるレベルだと思います。
無印はボムがないのが非常に厳しいのですが、ポイントセンサーを当てればメインをかなり当てやすくなりますし、運が良ければ味方がキルしてくれます。(ついでにキルアシストも入ります。)
アメフラシは状況によりますが、頑張ればエリアのカウントストップぐらいは狙えます。また、ヤグラのカンモン近くで使えば、敵があまり寄ってこなくなる‥‥‥事があります。

・ラピッドブラスター(ガチホコバトル)
ホコの道を作るのがとても上手なブキです。さらに、ホコが高確率で通るような狭い通路(バッテラの車の所へ行く細道とか、フジツボのゴール前の坂とか)にトラップを置いておけば、こっそり道を作りに来た敵を感知する事もできます。
さらに、ホコの周りに群がる敵を一網打尽にする事もできますし、ボムピッチャーでホコバリアを割って速攻をかける事もできます。本当にホコ向けのブキだと思います。

・ホットブラスター(ガチヤグラ ※不利なステージを除く)
ステージを選びますが、こちらはヤグラに少し有利だと思います。
特に、コンブのようにシューターの弾が当たりにくいステージや、マンタマリア号のように金網の上から狙われる事が多いステージでは威力を発揮します。
さらに、カンモンで止まっているヤグラにポイズンボールを当てれば、少しだけ有利に動くこともできます。

・バレルスピナー(ガチエリア)
ジェットスイーパーに匹敵する射程に、圧倒的なキルタイムが特徴です。
半チャージをうまく使えば、近距離の敵にだって撃ち勝ててしまうブキです。
ただし、障害物の多いステージにはあまり向きません。また、スペシャルのハイパープレッサーが活躍できるようなマップでないと、ちょっと勿体ないかもしれません。

・L3リールガン(ガチエリア・ガチホコバトル)
これもステージを選びますが、このブキの魅力は何と言っても「塗る力」です。
メインの塗り効率は、この射程のシューターの中では(H3を除けば)ナンバー1です。
また、サブのカーリングボムはホコの道を作るのに最適ですし、壁で90度跳ね返るように投げれば意外とキルが取れたりします。
さらに、スペシャルのイカスフィアは最近塗り能力が強化され、(強化される前から可能でしたが)爆発でエリアを取る事ができます。
キルタイムはそんなに早くない‥‥‥かと思いきや、それほど遅いわけではなく、意外とキルもできます。
ただ、曲射が苦手だったり、壁を塗るのがとても苦手だったりと、デメリットも多いです。

・バケットスロッシャー(ガチエリア)
ちょっと前まで、障害物の多いステージでよく使っていました。
障害物を越えてエリアを塗ったり、キューバンボムで敵を引っかけたりと、意外とキルできます。
マルチミサイルが使えるのも魅力的ですが、こちらはイマイチ使いこなせていません。

とまあ、今作で気に入ってるブキはこんな感じです。
これからもブキはどんどん増えていくと思いますので、またお気に入りのブキができたら、記事を書くかもしれません。
ではでは。
posted by TCT at 22:34| Comment(0) | 日記