2008年10月27日

橋下知事vs教員

橋下知事vs教員 教育問題討論会で渦巻く怒号、やじ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081026-00000563-san-soci

なんというか、このニュース見て呆れました。
ロクでもない教員がいるんですね。

なんでも、知事の発言中にヤジを飛ばしたりするなど、相手の話も聞かない教師がいたのだとか。

そういう先生に限って、授業中は「人の話を聞け」とか「静かにしろ」とかいう事を、子供たちに言ってると思うのですが。

‥‥子供にはそれを強制しておいて、自分は無視ですか。

自分が話している最中にザワザワされると、どんな気持ちになるか? それを一番よく知っているはずなんですけどね。

ほんと、「こういう先生に子供たちを任せておくことはできない」な、と思いました。
こういう人がいるから、最近の子供たちはキレやすいんじゃないのか? とさえ思ってしまいます。
posted by TCT at 19:05| Comment(0) | 主張とか

2008年10月08日

蒟蒻畑 製造中止へ?

無くなる前に是非もう一度食べてみたかったものですが。
まさかこんなに早く製造中止になるとは思ってもいませんでした。

ただ、メーカーに対して製造再開のメールをみんなで送ったり、署名を集めたりしたら、もしかしたら再開されるかもしれません。
(「多くの販売再開のご意見があったため」という理由ができますからね。)

まあ、個人的には蒟蒻畑は、どうしても必要な物ではない上に、滅多に食べない物なので、悪い言いかたをすれば、ぶっちゃけどうでも良いのですが。
でも、蒟蒻畑の売上は、マンナンライフの売上の9割を占めると聞きます。まあ、会社の影響に悪影響を与えるのは間違いないでしょう。
そして、そこで働く従業員とその家族の方々が苦しむのです。

たった1人の不注意と、たった1人の大臣の軽率な行動によって。

そもそも、1歳児の誤飲事故なんか、蒟蒻畑に限らずたくさん起きているわけで。
しかもパッケージには注意書きも書いてあったのです。

かくいう私も、そうめんや焼きそばで喉を詰まらせかけた事が何度もあります。よく噛めば喉に詰まらせる事が無いというのは、焼きそばもこんにゃくゼリーも同じですよね。

それにも関わらず、こんにゃく入りゼリーのみが狙い撃ちされるのは、ちょっと不自然というか、理に合わない事のように感じます。

-------------------

1日でも早く、この商品の製造・販売が再開される事を願っています。
posted by TCT at 21:11| Comment(0) | 日記

2008年10月02日

自民党なのか民主党なのか?

現在、国会は「自民党vs民主党」の決戦で大いに盛り上がっているようです。

民主党は「高速道路無料化」「子ども手当」など、いかにも国民が喜びそうなエサを掲げていますし、自民党も自民党で、民主党の掲げる政策に対して疑問符を大量に投げかけています。

---------------

個人的には、あの「ガソリン税廃止」のバカ騒ぎ以来、すっかり民主党に失望していますので、(あくまで個人的な考えでは)自民党を支持したい所です。

あの時、民主党は「ガソリンの値段が下がる」という、いかにも国民が喜びそうなエサを掲げて、必死に自分たちに支持を集めようとしていました。

しかし、このブログの過去のエントリでも述べさせていただきましたが、ガソリン税の廃止などというのは、とんでもない詭弁でした。
「ガソリンの値段が下がって国民生活が良くなる」というのはただのまやかしでしかなかったのです。

約2兆円ものガソリン税が廃止されれば、当然の事ながら道路工事は激減します。そうなって一番困るのは‥‥‥道路族議員でもなければ、大手ゼネコンでもありません。全国にある中小の建設会社と、そこで働いている大勢の人たちが困るのです。

仕事が減ると、当然仕事にあぶれる人が出ます。また、仕事がなくなって倒産する会社だって出てくるでしょう。
世間はホワイトカラーばかりに注目しがちですが、ホワイトカラーだけで日本は回りません。建設現場で汗水たらして働いている人の存在がなければ、今の日本は存在していなかったでしょう。

‥‥民主党は、多くの国民の「ガソリン代」の負担を減らすために、現場で汗水たらして働いている人たちの生活をバッサリ切り捨てようとしていたのです。これを弱者いじめと言わずに、何と言えば良いのでしょうか?

しかも、民主党は福田総理(当時)の話し合いに応じず、ガン無視を決め込んだ上、審議を2ヶ月も遅らせて、多くのガソリンスタンドと国民を混乱に陥れています。

‥‥やましい事がないのなら、素直に話し合いに応じて大いに意見を言えば良いだけの話なのですが、民主党はそれをしませんでした。それどころか、自分が引き起こした国会の混乱を、全部福田総理のせいにして、自民党の支持率を下げまくったのです。

‥‥まあ、あくどいというか、姑息というか。
まあ、自民党も裏では色々やってるでしょうから、民主党だけを悪者にするつもりはありませんが、それでもあのバカ騒ぎを見る限り、民主党が国民のことを考えているとは思えません。考えているのは自民党の支持率を落とし、自分が政権を取ることだけなのではないか? と言わざるを得ません。

だから、こんな党が今さら「高速道路無料化」だの「子ども手当」だのと言いだしても、到底信用できないのです。
むしろ、2度も同じ手を食うものか、とさえ思ってしまいます。
 
続きを読む
posted by TCT at 00:58| Comment(0) | 日記