2009年02月25日

Vocaloidのみならず。

この前、Vocaloid系のタグを漁ってたら、こんなのがヒットしました。

最近、毎日この動画を見てるような気がするのですが、別に中毒なんかじゃ(ry って状態です。

しかもタイミング良く↓こんな曲(のPV)が上げられたので、私の中のテト株は上昇しっ放しです。


何がすごいかって、年齢から口癖まで、全部がレスアンカー(いわゆる「安価」)で決められたことです。
アンカーが1つでもズレていたら、たぶん「今」は無かったでしょう。
ほんと、確率論的に考えてもすごいことですよ、これ・・・・

年齢・声優なんかも、一見ハズレに見えたりしますが実はそうでなくて、年齢なんかは強烈な「特徴」になってますし、中の人だって、あの名前が出たからこそあの「決めゼリフ」ができたわけで。

‥‥‥てなわけで、最近こういうのにハマってますというお話でした。

ちなみに上の例ではカバー曲や替え歌しか紹介しませんでしたが、オリジナル曲も結構ありますので、興味のある方はテトオリジナル曲で探してみるのも良いかも知れません。(まあ、あくまでフリーソフトなので、Vocaloidに劣る部分も多々ありますが。)

ちなみに最近のお気に入りオリジナル曲はこれです。
なんかツボを突かれてしまいました。


ではでは。
posted by TCT at 01:11| Comment(0) | 日記

2009年02月10日

最近のお気に入りの曲@Vocaloid

ランキングに入ったこともあるぐらい有名な曲らしいのですが、最近知りました。
今の気分に合ってるせいなのかは分かりませんが、最近のお気に入りです。

posted by TCT at 21:59| Comment(2) | 日記

普通の日記というかプログラマのたわごとというか

前の記事で、25時に会社を出ているとか書きましたが、ようやく落ち着いてきました。
まあ、あるシステムの本番が延びたお陰でもあるのですが。

さすがにプログラマ(SE?)も5年目になってくると、一度に3つシステムを持つとかいう状況になることが、よくあります。
しかも、過去に関わったシステムの問い合わせは、いつまで経っても来る(まあそれだけ品質が良くないという事なのですが)ので、歳を重ねるごとに仕事量が増えていくのが現状です。

そのうち、下に誰かがつく(部下を持つ)ような事が起こったら、ある程度その人に任せれば良いわけですが‥‥その下の人間がちゃんとしたテストをやっている保証など無いわけで。
‥‥結局、テストの作業はしなくちゃいけないわけです。

まあ、二重にテストする事になるため、その分バグが潰せるのはまあ良いのですが。
‥‥どのみち残業が増えることに代わりはないわけで。

------------------------

とまあ、4・5年目のプログラマの愚痴をこぼしてみました。
まあ、ぶっちゃけこの業界、「きつい、厳しい、帰れない」の新3Kなどと言われていますが、「帰れない」については、運としか言いようがないと思います。

変な電話につかまったら、それだけ遅くなりますし。
他の人がものすごいミスをしたら、やっぱり遅くなりますし。

まあ、会社自体が「そういう」ところだったら、それこそ毎日のように帰れないのでしょうけど、普通の会社だったら、「毎日帰れない」ぐらいに忙しくなることは、まず無いです。

あくまで「周期的に」忙しい波と、暇な波があるぐらいだと思います。

--------------------------

で、とりとめのない事を意味不明なぐらいに書いてる自分は、たぶん疲れているのだと思います。
まあ、明日は(本番が延びたお陰で)久々によく休めますので、ゆっくりしてみたいところです。

そういえば「ゆっくり」で思い出しましたが。
ついにあの「ゆっくりボイス」の正体を突き止めたので、早速SofTalkなるものをダウンロードしてみました。

‥‥なかなか面白い上に、出来もなかなかのものです。
たまに漢字を間違って読むことがありますが、あそこまで読めれば大したものだと思います。
とりあえず私は、さっきまで過去の小説やら、ニコニコ大百科の記事やらを読ませて楽しんでいました。
「ゆっくり」のイメージが強いお陰で、何を読ませても笑いがこぼれてしまうのが不思議なところです。

-----------------------

とりあえず、とりとめのない事をもっと書きたいという気はあるのですが、この辺までにしておきます。

‥‥なんだか、さっきから使ってる日本語にやたらと違和感を感じているのですが、気にしない事にしておきましょう。たぶん盛大におかしい言葉遣いをしているとは思いますが。

ではでは。
posted by TCT at 21:30| Comment(0) | 日記

2009年02月03日

大麻について考えてみる。

なんだか最近、23時とか25時とかに会社を出ているTCTです。こんばんわ。
ほんと、睡眠不足と疲れでラリってしまうのも時間の問題かもです。

‥‥という冗談は置いといて。

最近のネット上は「大麻は合法化しても良い」という派と、「大麻ダメ、絶対!」という派に分かれているような気がしなくもないです。

まあ、実際には「どうでもいい」という人が大半で、声の大きい賛成派と、声の大きい反対派がいるだけだと思いますが。

----------------------

私も「どうでもいい」人間ですが、少し「反対」寄りかもしれません。

で、ネットの主張を見ていると、どっちもなぁという気がしなくもないです。

反対派の「法で禁止されているからダメ! 守らなきゃダメ!」というのがその最たるもので、この理屈でいくと「だったら法律変えようよ」と言われたら、どうしようも無いと思うんですよね‥‥

「ソフトドラッグを合法化するとハードドラッグに移行する人が増える」という理屈は、外国の実例を出されると説得力を失ってしまいますし、実際、タバコは合法化されているわけで。タバコから大麻に移行する人がそんなに居るとは思えません。

‥‥まあ、タバコに幻覚性はありませんから、比較すること自体がナンセンスなのかもしれませんけど。
まあ、大麻が合法化されている国で、覚醒剤とかに手を出す人がたくさん‥‥いるわけではない、というのも事実らしいので、結局この理屈でも反論できません。

かといって、賛成派の「外国では合法化されているから〜〜」という理屈も、微妙だと思うのです。

酒で人生を踏み外す人はたくさん居ます。
酔いつぶれて云々というレベルのみならず、アルコール中毒とか肝炎とか、そういうレベルになってしまう人は、そこそこ居るでしょう。
さらに、飲酒運転の車にひかれてしまった人は山ほどいます。

タバコで寿命を縮める人もたくさん居ます。タバコで流産させられてしまった赤ん坊もいます。

では、大麻を合法化すればどうなるか。当然、大麻で命を失う人が出ます。

現に、大麻は幻覚作用がありますから、「酒に酔って○○してしまった」的なノリで、やらかしちゃう人が出てくるわけです。
また、健康への害も、(タバコほどではないそうですが)存在するのは事実です。

だから、今までは(酒で死んだ人の数+タバコで死んだ人の数)ぐらいの死亡者数だったのが、(酒で死んだ人の数+タバコで死んだ人の数+大麻で死んだ人の数)の数字になるわけです。単純な概算になりますが、死亡者数が1.2〜1.5倍ぐらいに増えるわけです。

つまり「タバコより害が少ないから大麻も合法化すべき」というのは単なるマヤカシで、問題なのは死亡率の低さじゃないのです。死亡率が加算されて増えてしまうのが問題だと思うのです。

------------------------------

酒は薬にもなるので置いとくとしても、タバコなんかは、最初っから無ければ無いに越したことはないと思います。
タバコが最初から存在しなければ、ガンで死ぬ人の数も、副流煙でどうにかなってしまう人の数も、タバコで火傷させられてしまう子供の数も、そしてタバコを吸う母親から産まれる子供の数も、ずっと減っていたでしょう。(喫煙者の母親から産まれる子供には、色々と悪影響がある‥‥という研究結果があるそうです)

でも、いちど世に出てしまったものを禁止することは、もうできません。
アメリカの禁酒法なんかが良い例で、結局あれは撤廃されてしまいました。
タバコだって、もはや禁止することなどできやしないでしょう。(JTやメーカーが黙ってないでしょうし)

大麻だって、今は全面禁止ですが、もし合法化してしまったら、もう禁止にはできないでしょう。大麻に強い依存性があるのは事実ですので、相当反発食らうと思います。そして、やめれらなかった人の間で違法に流通するだけです。いちどタガを外してしまうと、二度とはまらなくなるわけです。

‥‥だから、個人的には違法でいいと思います。
まあ賛否両論はあると思いますが、少なくとも日本のためにはならないと思います。
金銭的な意味で日本のためになるとかいう理屈もありますが‥‥その辺りは難しいですよね。

ではでは。
posted by TCT at 22:52| Comment(0) | 主張とか