2014年02月12日

風邪のおみやげ

旅行の記事で、空港が混んでてお土産を全く買えなかったと書きましたが。
代わりにとんでもないお土産がついてきてしまいました。

飛行機でもらったのか、寒いところに長いこと居たのが問題だったのか、はたまた単に旅の疲れが出たのか。
理由は分かりませんが、少なくとも今風邪をひいているのは事実です。

家を出る時は37.5度だったんです。しかも咳が出ていました。
熱だけならともかく、咳は「うつす危険」があるので、普段なら休むことを検討するのですが、風邪でも休まない人がたくさんいるのが今の職場です。
休んでも何か言われるような事はありませんが、月曜に旅行などという私事で休みを取ってしまいましたし、仕事も溜まっています。今日しなければならない作業まであります。

まだ37.5度で出社した事はなかったので、ためしに出社してみました。

午前中は(しんどくて寒気がしつつも)どうにかなりましたが、午後になってひどい頭痛に見舞われました。
しかもこんな時に限って、18時からユーザーと電話で話をしなきゃいけなくなってしまいました。

そして、ようやく18時45分に解放。普段ならもう少し仕事をするところですが、頭が痛すぎて頭が回りません。肺というか気管支の感覚もなんだか妙です。しかも咳をするたびに頭痛が響き、ひどい痛みに襲われます。
しかも家に食料がないので、途中スーパーに寄って、寒空の中重い食材を持ってようやく家に帰ってきました。

熱は38.5度に上がっていました。
まあ39度いってなかったので良しとしましょう。(一度39度の熱が出た事がありますが、あの時は今よりも倍ぐらい辛かったです。)

とりあえず甘酒をチンして飲みました。食欲はありません。
お茶漬け海苔とうどんがあるので流し込む事は可能ですが、最悪ウィダーインゼリーのお世話になるかもしれません。
食欲がない時は意外と重宝するのです。

とまあこんな状態でブログなんか書いてるとまた頭が痛くなってきましたので、そろそろ筆を置くことにします。
ではでは。
posted by TCT at 20:14| Comment(0) | 日記

2014年02月11日

3泊3日雪見旅行、写真集

この記事では、今回の旅行の写真を紹介します。
文章の旅行記は下記のリンクから辿って下さい。
また、1日目〜3日目までの記事に(ここには載せていない)写真を追加していますので、そちらもご覧いただければと思います。

2月07日(0日目):サンライズ乗車まで
2月08日(1日目):東京→仙台→青森
2月09日(2日目)前編:青森→函館→札幌
2月09日(2日目)後編:札幌雪まつり(夜)
2月10日(3日目):札幌雪まつり(朝)→新千歳空港→大阪
・おまけ:写真集(この記事)
 

続きを読む
posted by TCT at 16:04| Comment(0) | 日記

3泊3日雪見旅行、3日目

マイナス39度の極寒の場所でこの記事を書いています。
もう凍え死にそうでたまらない……などという事はなく、暖房のきいた機内でぬくぬくと過ごしているのでなかなか快適です。

…などと紛らわしい事を書いたところで再度仕切り直します。
新千歳空港から関西空港へ向かう飛行機の中でこの記事を書いています。ついに雪国を離れてしまいました。
機内のディスプレイによると、機外の温度はマイナス39度なのだそうです。

さて、3日目の旅程ですが、結構小樽行きは取りやめました。
元々、早起きしないと行けない無理のあるスケジュールでしたし、そもそも既に2010年に行った事があるので、まぁいいかという事です。

冬の小樽はまだ行く機会がありそうですが、2014年の雪祭りは今しか行けませんからね。

というわけで、朝9時。無事に大通駅でコインロッカーを見つけ、雪まつり会場へと到着しました。さすが平日の朝だけあって人もまばらで、昨日撮影できなかった雪像もいくつか撮ることができました。
写真は例によって、後でいくつか抜粋してアップします。

SnowFes_IceTemple.jpg

あと、警備員とおぼしき人が、歩道にできた雪の岩をスコップで割っている光景に出くわしました。札幌の街には所々雪のない歩道があったのですが、やっぱり誰かがこのようにして割っていたようです。溶かす気なんて全くない…というよりも、きっと溶かそうとしても無駄なのでしょう。

そして10時になると屋台の営業が始まり、一部の舞台でショーも始まりました。
とはいえ、さすがに平日なので、ゆるキャラとの撮影会や地元アナウンサーのお姉さんのトークが中心で、そんなに派手なものは無かったです。
人も、近くの小学校の遠足? のような団体さんや観光客を中心に増えてきます。欧米やアジア系とおぼしき人の姿もちらほら見かけました。
 
続きを読む
posted by TCT at 01:12| Comment(0) | 日記

2014年02月10日

3泊3日雪見旅行、2日目(その2)

この記事は、2日目の午後からの出来事を書いています。
午前中の出来事はその1を、1日目の出来事は2つ前の記事をご覧下さい。

さて、スーパー北斗9号はどんどん札幌へ近付いていくのですが、それに伴い、どんどん列車が遅れていきます。
まず、函館を発車する時点で20分遅れでした。というのも、本州からのスーパー白鳥が大幅に遅れ、その連絡待ちをしていたからです。
本来ならキハ281系の爆速を発揮して回復運転をするところなのですが、去年の事故のせいで120キロ以上出してはいけない事になってしまったので、回復するどころか、対向待ちをしたり普通列車に邪魔されたりしてどんどん遅延が大きくなっていきます。
さらに追い打ちをかけたのが自由席の混雑で、なんと自由席が混み過ぎて、デッキや指定席車両の通路に人が溢れ…るだけなら良かったのですが、あまりにも混み過ぎて、駅から乗る人がとても苦労し、駅の停車時間がどんどん延びていきます。(登別あたりまでこの状態が続いていたようです。)

Tomakomai.jpg
※苫小牧駅にて、車内から撮影

で、30分遅れの16時半に札幌へ到着し、早速雪まつり会場へ…向かう前にユニクロで靴下を買って、ススキノの宿に荷物を置いてから、今度こそ雪まつり会場へ向かいます。
 
続きを読む
posted by TCT at 07:01| Comment(0) | 日記

3泊3日雪見旅行、2日目(その1)

札幌へ向かうスーパー北斗9号の中でこの文章を書いています。
が、一日に記事を2つも投稿するのもアレですし、今日の夕方に起こる事(※今はまだ13時です)も書かないといけませんので、投稿するのはたぶん10日です。

さて、8時のサンデーモーニングで5分ほど東京の雪のニュースを見てから青森駅へと向かいます。今日はなんと、東北新幹線までもが一部運休。さらにその後調べた情報によると、昨日乗った仙石線をはじめとする仙台の鉄道までもが運転を見合わせているとの事。
ほんと、旅程が一日遅かったらと思うと寒気がします。

Aomori_Ekimae.jpg

で、そんな寒い中青森駅に到着し、駅前や青森駅を見ながら列車を待ちます。
指定席券は、スーパー白鳥、スーパー北斗ともに一日目のうちに買っておいたので、自由席争奪戦に参加することなくゆっくりできます。
というか、昨日のうちに取っていなかったら、今頃とても大変な事になっていたでしょう。
 
続きを読む
posted by TCT at 06:59| Comment(0) | 日記

2014年02月09日

3泊3日雪見旅行、1日目〜2日目

青函トンネルを通過中の、スーパー白鳥95号の中でこの記事を書いています。
通過するのに30分はかかるので、記事を投稿する頃にはもう函館に着いている事でしょう。

昨日(1日目)のサンライズは結局7分遅れで大阪駅に到着し、10分遅れで東京駅に到着しました。おそらく雪で速度を落としていたのでしょう。

で、東京に着いた時点で、もう雪がうっすらと積もっていました。
東北新幹線が予定通り運行してくれたのは幸いでした。1日遅かったら予定が大幅に乱れていたでしょう。(今日も東京は大雪で、東北新幹線にまで影響が出ているらしいです…)

ちなみに、東京駅からずっと雪景色だった東北新幹線の車窓ですが、宮城に入ったあたりから雪がなくなりました。
降ってたのは関東〜関西にかけてのエリアだけだったようです。

で、仙台ではとりあえず地下鉄で北仙台へ行って、仙山線で仙台に戻って、仙石線で松島海岸へ行って日本三景の松島を見てきたわけですが、仙石線の途中あたりから、また雪が降ってきました。
低気圧が北東へ進んでいたわけですから、まぁ予想できていた事です。

で、松島海岸に着いた頃には完全に雪になっていました。
もちろん積もってますし、滑りやすくもなっています。
しかも雪が目に入ったりして歩きにくく、松島を見るのも一苦労。

でも、この雪体験こそが今回の旅の目的なので、目一杯この大変さを味わう事にします。
ちなみに、寒さはそんなに気になりませんでした。
まあ、中に3枚着込んで、その上から上着、さらにその上から厚めのジャケットを着ていたので、さすがに十分だったようです。

スマホからなので写真を投稿できないのが残念ですが、帰ったら写真だけの記事を書く予定です。※2/11追記:アップしました。
OkunoHosomichi.jpg

…ちなみに、松島のお店に震災時の写真が掲示されていました。今は(新築の家が多い以外は)震災の爪痕と思えるような物は見かけませんでしたし、まるで津波なんか来なかったかのように綺麗だったのですが、お店に掲示されたねいる写真では、さっき通ったばかりの遊歩道が流されてたり、島にかかっていた赤い橋の一部が落ちていたりと、なかなか生々しい状況だったようです。

こうして少し感傷に浸った後、松島から駅の間にある店で、牡蠣入りカレーパン、ツブ貝とゲソの炙り焼き、そして牛タンを満喫してから仙台駅にもどり、今度は青森まで進出します。

仙台駅の時点でかなりの雪景色だったのですが、青森はさすがにケタが違いました。

まず、新青森駅のホームの外がすごい雪で、さらに新青森から青森駅へ移動している時にはなんと、屋根から「つらら」がぶら下がっている家を何件か見かけました。

青森駅前では「青森冬まつり」なるものをやっていて、B級グルメの本で名前だけは知っていた「せんべい汁」の屋台が出ていたので、早速いただきました。
せんべいといっても、普段想像するような醤油で焼いたものではなく、なんの味も付いていない肌色の固いせんべいなのですが、このせんべいを野菜や肉と一緒に煮込んでいい感じにフニャフニャになっていて、しかも汁も染み込んでいてなかなかイケました。

さて、この日取ったホテルが、青森駅のすぐそば…ではなくて、歩いて15分ぐらいの所にあるホテルだったので、ついでに青森の市街地を歩き回りました。
2010年の夏に一度来たのである程度知っていたのですが、青森の市街地には広いアーケード街があります。
背の高いビルが少ない代わりに、このアーケード街で大抵の物は揃いそうです。
しかし、冬のアーケード街は夏とは全然違っていて、まず歩道が雪で凍っています。
逆に車道はスプリンクラーが設置されているので雪がありません。

Aomori_NonSpri.jpg
※写真は翌日撮影したものです

でも、しばらく進んでいくとスプリンクラーのない車道に到着し、そこは自動車に踏み固められた雪でうっすらと覆われていました。

Aomori_WithSprin.jpg
※写真は翌日撮影したものです

車道にブルドーザーの姿を何回か見かけました。おそらく除雪車なのでしょう。
しかし、青森で一番驚いたのは、雪でも除雪車でもなくて、カラスの大群。
スマホの電池が(35%ぐらいあったのに)いきなり切れたので写真が無いのが残念ですが、青森の市役所とか県庁とか法務局といった壮々たる施設に、200羽以上はいるであろうカラスの群れがいたのです。気温が氷点下でしかも大雪だというのに。
どうやらカラスは寒さにとても強い鳥のようです。まあ、羽毛に覆われているので温かいのでしょうし、飛び回っているので身体もあったまるのでしょう。

……なんて事を書いているうちに列車は青函トンネルを抜け、函館に近付きつつあるので、とりあえずこの辺りで筆を置きたいと思います。
ではでは。
posted by TCT at 11:13| Comment(0) | 日記

2014年02月07日

3泊3日雪見旅行…に行くはずが。

大阪の時点ですごい雪なんですけど。
しかも、大阪の電車が遅れ気味なんですけど。

本来なら24時35分発のサンライズに乗って東京駅まで行く予定なのですが、まず大阪から出れるのかが不安で仕方ありません!

今のところ運行情報は出ていませんが、サンライズが雪で遅れる可能性は十分あります。
仮に乗れたとしても、行き先は雪にナーバスな事で有名なJR東日本が管轄する東京駅。
……スタートから不安要素だらけです。
東北新幹線まで乗れれば、あれは雪に強いので大丈夫だと思うのですが…
posted by TCT at 23:13| Comment(0) | 日記