2014年03月30日

「どんなアニメに惹かれるか」について書いてみる

ここ1〜2年、すっかりアニメのチェックが「趣味」に加わってしまいましたが、さすがにこれだけ大量のアニメが放送されている現在、それを全部をチェックするのは非常にキツいため、どうしても「これは見る。これは見ない。」という選りすぐりをせざるを得ません。他の事をする時間がなくなりますし、そもそも「好み」の問題があります。

例えば、Aという趣向のアニメを好きな人が、Bという趣向のアニメを見ても楽しく感じないでしょうし、その逆も然りです。A・B両方が好みな人もいれば、両方とも苦手、という人がいたりするのが人間というイキモノです。

それを踏まえた上で、自分自身の好みについて書いてみようというのがこの記事です。
別に何かを論じるわけでもなく、おとすわけでもなく、単に自分の好みを書くだけですが、あくまでひとつのサンプルとして、それを記録していこうかと思います。
 
続きを読む
posted by TCT at 22:18| Comment(0) | 漫画・アニメ

2014年03月21日

3DS入手しました。

NTTのポイントが貯まっていたので、ニンテンドー3DSを格安で入手してしまいました。
本当は今年の1月頃、「ゼルダの伝説〜神々のトライフォース2〜」が出る時に買おうか迷っていたのです。
あの時は旅行に行くのを優先したので、結局買わずにいたのですが、ひょんな事からNTTのポイントと3DSが交換できる事を知り、しかもそのポイントの有効期限があと1ヶ月だったので、ついに入手してしまいました。

そして今日、佐川が珍しく朝8時半に荷物を届けてくれたので、早速あらかじめ買っておいた「神々のトライフォース2」で遊んでみました。
私はスーパーファミコン時代に、初代「神々のトライフォース」で遊んだ世代なので、さすがにこれは食指が動いてしまいました。しかも「絵になれる」という、なんとなく面白そうな要素まで追加されています。

というわけでプレイしてみたのですが、さすが3DS、目の疲れ方が他のハードに比べてハンパじゃないです。3Dを切れば良いのですが、まあせっかくの3DSだし、という事で今のところ、「ゆるめの設定」と「フル3D」の間をいったりきたりしています。

もっとも、これは私が「右目の視力が1.5で左目の視力が0.5」という困った体質だからであって、視力が均等な人はそんなに疲れないのかもしれません。
視力差があっても、眼鏡をかければだいぶマシだと思います。私はかけてないのでよく分かりませんが。

しかし、この辺りは任天堂だけあって、しっかり配慮されていました。神々のトライフォース2には、プレイを始めてから時間が経つと、セーブする時に「そろそろ休憩しませんか?」というメッセージを出す機能が付いていたのです。
実際、ちょうど目が疲れはじめる頃にこのメッセージが出るので、お言葉に甘えて休憩する事にしています。
もちろん、セーブポイントもいい感じの間隔で設置されているので、「疲れてきたけどダンジョンの途中だからやめられない!」という事も今のところありません。

さて、そんなこんなで、ようやく3つの紋章を集めるところまで終わりました。これからマスターソード(と思われるモノ)を取りに行くところです。
ハンマーやフックショット、各種ロッド‥‥といったアイテムが、あるタイミングで一気に全部解禁されてしまうのが拍子抜けで少し残念でしたが、それ以外は今のところどうにか楽しめています。
ただ、プレイする時に姿勢を変えると、3DSと目との間の距離や角度が変わってしまい、再び目を3Dに慣らすのに数秒かかってしまうので、それが少しキツいです。
やっぱり3Dは切った方がいいのかもしれません。

ではでは。
posted by TCT at 22:37| Comment(0) | 日記

2014年03月15日

理想の手帳がない件

実は私、社会人のくせに手帳を持っていません。
ノート一冊で済ませています。

スケジュールはというと、机の上の卓上カレンダーに書いて済ませています。手帳を持っていないので、そうする他ないのです。

‥‥などと言うと、さっさと手帳買えよという結論になってしまいそうなのですが、私にはどうも手帳というものが性に合いません。なかなか満足のいく手帳が売られていないのです。

そこでまず、私が手帳に求めている機能を列挙してみます。

・月間カレンダー(できれば日曜日から始まる方が良い)
・フリーメモ欄(たくさん)※会議のメモを取るのに使用

以上です。この2つ以外は要りません。
仕事柄、週単位のスケジュール管理が必要ないので、週間カレンダーは不要です。あっても使いません。
時間単位で区切って作業をするような仕事ではない(それどころか不規則に仕事が割り込んでくる)ので、日単位のカレンダーも必要ありません。

この2つの条件を元に、文房具屋やネットで手帳を調べてみましたが、この条件に当てはまる物はありませんでした。
1つだけ、月間カレンダー(日曜始まり)とメモ欄だけ(+α)という夢のようなカレンダーがありましたが、フリーメモ欄が24ページしかなかったので断念しました。

まあ、かなり厳しい条件なのは自分でも分かっていますので、結局今は「手帳じゃなくてノートで済ませる」という方法に落ち着いています。とはいえ、会議の時に手元にカレンダーがないと、たまに不便です。

そこで、どうにか理想の手帳を作る方法が無いか考えてみました。

・リフィル形式(真ん中にリングが付いていて、ルーズリーフのようにパーツを綴じ込む方式)にする。
・いま流行りのタブレットを使う。
・ノートにカレンダーを糊で貼り付ける(マテ)

この3つのいずれかになりそうです。
3つ目は最後の手段として置いておくとして。
1つ目のリフィルにするのが一番現実的かもしれません。
ただし、真ん中にリングがあるため書きにくい、リフィルが近所に売っていないと大変、といったデメリットもあります。

2つ目のタブレットは、何よりもペン入力ができる事が前提です。
キーボードだと遅すぎて追いつけませんし、それ以前に図をメモする事ができません。また、下線を引いたり、矢印で項目をつなげるような事もできません。
一応、その条件を満たすタブレットは見つけています。解像度が低いので漢字がうまく書けるか分からない、という難点はありますが、一応ペン入力ができて、7インチで、メモアプリも入っています。Googleカレンダーと連携できるので、予定の管理もやりやすいです。
今日、電気屋で手に取ってみましたが、大きさと使い心地は十分でした。ただし、ペンがなかったので書き心地(一番重要な点)が試せていません。

問題は、これが実用的かどうかです。
ノートの代わりにタブレットにメモを取ることになるのですが、紙ではないので、後からそのメモを探すのが大変かもしれません。
もしかしたら、操作が意外と煩わしいかもしれません。
また、致命的な欠点として、電池が切れると何もできません。

高価なので、ためしに導入するという事もできず、導入にはかなり慎重にならざるを得ません。でも、魅力的ではあります。

でもやっぱり、紙にまさる物はないような気もしますし。
いい感じに自分でカスタマイズできるような手帳があったらいいんですけどねぇ‥‥

ではでは。
posted by TCT at 19:03| Comment(0) | 日記