2014年11月16日

ちょっと違ったアプローチの、魔法少女の物語。

となりの魔法少女(1)/七葉なば
となりの魔法少女(2)/七葉なば

魔法が使える普通の少女と、2人の「友達」のお話。それが、この作品です。
魔法少女モノというと、たいていは「日常系」に分類されるユルユルふわふわな物語か、「まどか」や「なのは」みたいなシリアスなものに大別されますが、この作品は、それらとは少し違う視点で「魔法少女」という題材にアプローチをかけています。
それでいて、毎回暖かい気持ちになれて、そして少し切ない気持ちになれる4コマ漫画なのです。


「魔法で作ったものは本物にはなれない。」
主人公の少女、羽根井あきは、その昔「魔法の力で」友達を作っていました。でも、ある事をきっかけに魔法を解いてからは友達が1人もいなくなり、1人ぼっちに。
そんな彼女が高校2年の始業式に、魔法を使っている所を1人のクラスメイトに見られる所から物語は始まります。

普通の少女「相澤 圭」と、科学が大好きな理屈少女「宇佐神 茜」。この2人と仲良くなったあきは、色んな魔法に関するエピソードを交えながら、しだいに「友達」と呼べる関係になっていきます。

‥‥魔法って、普通に考えると便利で何でもできる、夢のようなモノなのですが、「何でもかんでも魔法で願いを叶えてしまって良いのか?」と聞かれると、素直に「イエス」とは答えられないと思います。
魔法でどこまで願いを叶えて、どこから魔法を使ってはいけないのか。そういうアプローチで物語が進んでいきます。

日常を描いているように見えても、扱っている題材はとてもシリアスで深く、読んでいて「あっ、これはいい。」と思わされました。
先述した通り、重いながらも毎回暖かく終わるので、読んでいて嫌味もありません。その辺は上手いなと感じました。

理屈少女がいるので、少し理屈っぽい展開はありますが、個人的にけっこうオススメです。
そして私がこの記事を書いているのは、(この漫画の紹介をしたいのもあるのですが)最終巻である第2巻の感想を書きたくて仕方がないからでもあるのです。

というわけで、未読の方向けの文章はここまでです。ここから先は、最終巻のネタバレを含みます。

続きを読む
posted by TCT at 20:12| Comment(0) | 日記