2016年01月20日

[イオン]お客様感謝デーは客にとって迷惑な日である

安く買い物ができるのだから、良い日じゃないか。と思うかもしれない。
それだけであれば全く問題は無いだろう。

しかし、「WAONを使わないと安くならない(※)」というトンデモルールのせいで、この日は買い物客にとってとても迷惑な「お客様迷惑デー」と化しているのだ。
イオンもこの事態を認識していないハズがないと思うのだが、おそらくWAONの普及率を高めたいという思惑があるのだろう。このハタ迷惑なルールがなくなる気配はない。

「電子マネーなのだから、お釣りの受け渡しがなくなって、むしろレジが早く進むのではないか?」と思う人もいるかもしれないが、実態はその逆である。「チャージする客のせいでレジの進みがとても遅くなる」のである。
WAONカードはプリペイド方式なので、使うにはあらかじめお金をチャージしておかなければならない。しかし、イオンでの買い物額は、コンビニの買い物額に比べて遙かに多い。
コンビニだとせいぜい、ジュースやお菓子、昼食等が主な商品なので、少なくて100円。多くても600〜700円程度の支払いで済む。そのため、コンビニでよく使われるEdyカードは、比較的残高不足が起こりにくい。

しかし、イオンはスーパーマーケットである。夕食の食材や、場合によっては日用品なんかも買い込むため、買い物金額は簡単に1000円を超える。多いときは3000円ぐらい行く事もあるだろうし、家族の分であればもっと行くだろう。
だから、残高不足が起きやすいのである。

しかも、お客様感謝デーの日はレジ店員の方からわざわざ「WAONカードはお持ちですか?」と聞いてくる。しかもWAONを使えば安くなるというのだから、普段WAONを使わない客もWAONを使う。
普段使わないものだから、残高なんかも把握していないし、レジに着いてから「今日がお客様感謝デーだ」という事実に気付く事さえある。そのため、あらかじめチャージしておくなどという事もできず、かなりの確率で残高が足りなくなる。

残高が足りなければ一旦引いてチャージの機械まで行く‥‥なんて事はもちろんできない。レジの店員がその場でチャージをするように強く勧めてくるからである。
仮に後ろが混んでいるので「残りは現金で払います」と言っても、店員によっては「こっちの方が安いですから!」としきりにWAONでの支払を勧めてくる。そんな押し問答をしていると余計に後ろの客の迷惑になるので、諦めてその場でチャージをした方が結果的に早く支払いが終わる。そのため、結局折れてチャージをしてしまう。こうしてレジの進みが遅くなるのである。

しかもこのチャージがクセモノで、カードを何回も読ませなければならないのだ。
まず、最初の「残高不足」が出る時の支払で、すでに1回カードを読ませている。その場でチャージをさせられた場合、チャージのために2回目のカード読み込みを行わせなければならない。しかもそれで終わりではなく、最後にチャージの終わったカードで3回目の読み込みを行わなければならない。これで相当な時間を食わされる事になる。

‥‥本当にアホらしい話である。
支払をする当人はもちろん、煩わしい操作を3回も行わされた挙げ句、後ろの客の冷たい視線に耐えなければならないのだ。店側に強制させられているにも関わらず、である。

もちろん、後ろで並んでいる客にとってもストレスである。「私はイオンカードを持っているから関係ないのに!」という客であっても、前に並んでいる人のチャージのせいで、いつもよりも余計に長く待たされる羽目になる。
結果的に商品は安く買えるが、気分は悪くなるし、時間的にも損をする。これだと何のためのお客様感謝デーなのか分からない。気分が悪くなって周りに当たる人だって出てくるだろうから、まさに「お客様迷惑デー」以外の何物でもない。5%オフというのは迷惑料の事なのだろうか? 

結局、このハタ迷惑なお客様感謝デーを回避するには
・20日、30日にはイオンに行かない。
という対策を取る以外に方法が無い。あらかじめチャージをしておくという対策も考えられるが、結局前の人のチャージで余計に待たされるのがオチである。

結局のところ、WAONカードの提示だけで割引が受けられるようなシステムにすれば万事解決するのである。そうすればWAONカードも一応は普及するし、残高不足になっても「残りを現金で払う」という選択ができるようになる。
しかし、一向にそれが改善させる気配は無いわけで‥‥‥組織が大きくなると小回りが効かなくなると言うが、イオンは巨大組織である。おそらくよほどの事がない限り、この「お客様迷惑デー」が改善される事は無いのだろう。

《注釈》
※イオンカードを提示すれば同様の割引を受けられる、という事にはなっている。しかし、イオンカード=クレジットカードである。クレジット会社ぐらい自分で決めさせて欲しい。
posted by TCT at 21:37| Comment(0) | 主張とか

2016年01月18日

スプラトゥーン 好きなステージとかブキとか

前回の記事で、NAT回線にも関わらずようやくSplatoonを遊べるようになった、という話を書きましたが、今回は、Splatoonの好きなステージやブキについて語ってみたいと思います。
はい、ただ語るだけの記事です()
 
続きを読む
posted by TCT at 00:00| Comment(0) | 日記

2016年01月11日

スプラトゥーンをVPNを使ってプレイするには

※この記事は「スプラトゥーンをNAT越えできない回線でプレイするには」という記事の続きです。
※プロバイダによってはVPNの使用を禁止している所があるかもしれません。事前に利用規約を確認しておいて下さい。


さて、前の記事では、VPNを使えばNAT越えできない回線でもSplatoonがプレイできるようになると書きました。
この記事では、VPNでSplatoonを遊ぶための方法について書いていきたいと思います。

まず、やる事は下記の5つです。

1.業者を探す
2.業者と契約し、VPNで接続する
3.パソコンとWiiUを接続し、接続を共有する。
4.WiiUの「接続テスト」でNAT越えができているか確認する
5.Splatoonを遊ぶ!


それでは、上から順に説明していきたいと思います。
 
続きを読む
posted by TCT at 14:52| Comment(3) | 技術情報

スプラトゥーンをNAT越えできない回線でプレイするには

9月に、マリオメーカーやWiiUと一緒にSplatoonを購入しました。
いやほんと楽しいです。
敵を倒すのが苦手でも、塗れば活躍できるってのが良いですね。
‥‥とか言いつつ最近は、シューターやスラッシャーで突っ込んで敵を殺るのにハマってます()

でも実は、こうして楽しくプレイするまでに、3ヶ月もかかっていたりするのです。

●Splatoonができない回線

私はとあるマンションに1人暮らしをしているのですが、このマンションがクセモノでした。
築浅、間取り良好、そしてとっても快適と、物理的には相当良い物件なのですが、ネット回線が「マンション専用線」なのです。

マンション専用線とは、フレッツ等を契約しなくても、最初っからマンションにLANが張り巡らされていて、工事不要でネットが使える‥‥という、一見、とても便利そうな環境です。
光回線なので速度も速めですし、料金もとっても安いのですが、唯一というか最大の問題が、「プライベートIPアドレスしか使えない」という事です。

詳しい説明は省きますが、IPアドレスには「グローバルアドレス」と「プライベートアドレス」の2種類があって、Splatoonに適しているのは「グローバルアドレス」です。
プライベートアドレスでも、ポートさえ塞がれていなければSplatoonができるのですが、私が入居しているマンションの回線は、ポート開放すら不可という、困った回線なのでした。
 
続きを読む
posted by TCT at 14:40| Comment(0) | 技術情報