2019年05月16日

丸山議員の言う「言論統制」について考えてみる

維新の会の議員(当時)が、いわゆる北方領土と呼ばれている島へ行き、現地で酒に酔った挙げ句「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか」「戦争しないとどうしようもなくないですか」などと発言したとして、辞職勧告決議の議案を出すとかいう話になっています。

これを受けて、本人はツイッターで「言論府が自らの首を絞める」「(決議案を出すなら)ほかの議員の不祥事を世に問いかける」などと発言しているそうです。
これについての是非など、色々考えさせられる部分がありますので、記事にまとめてみたいと思います。

※あくまで個人の見解であることを、予め付け加えておきます。
 
続きを読む
posted by TCT at 22:54| Comment(0) | 主張とか