2016年11月27日

大阪モノレール 瓜生堂駅への延伸について思うこと

大阪モノレールという路線があります。
大阪空港(伊丹空港)から千里中央・万博記念公園を経由して、近畿自動車道沿いに南茨木・摂津・大日・門真市をつなぐ路線です。(支線もありますが、これについての説明は省略します。)

2015年にこの路線の延伸が正式に決まり、門真市から門真南・鴻池新田を経由して、東大阪の荒本、そして近鉄奈良線の瓜生堂駅(若江岩田と八戸ノ里の間に設置されるであろう新駅)までを結ぶ事になりました。
この計画には東大阪市が70億円を上限に資金を出資(残りは大阪府と国と鉄道会社が出資)する予定なのですが、この事からも推察できるように、この延伸は東大阪市にとって大きくメリットがある事業だと思います。

かくいう私は東大阪市民なのですが、下記の点が大きなメリットになると思っています。
 
●荒本駅・瓜生堂駅を経由すること
荒本駅には、東大阪市の市役所があります。しかも今回の計画では、わざわざ迂回して東大阪市役所の真横に駅を建設します。
近畿自動車道の東大阪ジャンクションが邪魔で延伸しにくいから迂回している、というのも理由の1つだと思いますが、市役所の真横に駅ができるというのは、市にとっては非常に大きなメリットでしょう。
さらに、荒本には市役所だけでなく、大阪府立中央図書館という大きな図書館があります。私自身もこの図書館にはお世話になっているのですが、ここまで近鉄線とモノレールだけで行けるのは非常に便利です。

しかも、「大阪府立」の図書館ですので、大阪府民であれば誰でも本を借りる事ができます。
つまり、千里中央や南茨木などから、モノレール1本で大きな図書館まで行けるのです。

さらに、瓜生堂の隣の八戸ノ里駅は、関西で一番多くの学生を抱える近畿大学の最寄り駅です。(徒歩20分)
また、奈良へのアクセスも改善されます。瓜生堂に準急が止まればそっちで乗り換えればOKですし、そうならなかった場合は荒本で乗り換えればOKです。

●東大阪から、沿線の重要施設へのアクセスが良くなる
大阪モノレールは重要な施設をたくさん繋いでいますので、東大阪からこれらの施設へ行きやすくなるのは、非常に嬉しい事だと思います。
大阪空港へのアクセスはもちろん便利になりますし、門真市駅の隣にある京阪古川橋駅には、門真の運転免許試験場があります。3年に1度(優良運転者なら5年に1度)免許更新のためにここへ行く事になるのですが、ぶっちゃけ、ここは非常に行きにくい場所です。
大阪府には、土曜日に免許更新を行っている施設は存在しませんし、日曜日に免許更新を行ってくれるのは門真の試験場だけです。(光明池の試験場や、警察署は平日のみです。)
だから門真へ行かざるを得ないのですが、ここへの利便性が高くなるのはとても良い事だと思います。

万博記念公園‥‥はそんなに行かないかもしれませんが、あそこはイベントが開催される事があります。
さらに、今回延伸予定の門真南駅には「なみはやドーム」がありますし、終点となる予定の瓜生堂には、東大阪市立病院という大きな病院があります。ここに駅ができると非常に行きやすくなります。

●乗り換えによって、さらに遠くへ行ける
南茨木で阪急に乗り換えれば京都方面へ行けますし、蛍池で阪急に乗り換えれば宝塚方面へも行けます。(神戸方面に行きたいなら、素直に阪神なんば線など大阪市内を経由するルートを使う方が早いと思います。)
さらに、大阪モノレールの延伸が終わる頃には、北大阪急行の延伸が完了していて、千里中央から箕面へも行けるようになっているはずです。
新大阪へ行けないのは残念ですが、これはおおさか東線があるので問題ないでしょう。(すでに、放出〜新大阪〜梅田北(仮称)までの区間が工事中です。)乗り換えの利便性は良くありませんが、鴻池新田で乗り換えれば大丈夫でしょう。


‥‥という風に、けっこう多くのメリットがあると思います。
モノレールなので、普通の鉄道ほどの速度は出ない(時速75km/h)のですが、高速道路沿いに建設されているという性質上、カーブが少なく、減速があまり無いため、意外と速いです。駅間が長いので、各駅停車でもあまり問題はありません。
1つ難点を挙げるとすれば「高い」事ぐらいでしょうか。

◎では、瓜生堂の先は・・・?
それでは、瓜生堂の先はどうなるのでしょうか?(今回の計画には、そこから先の延伸は含まれていません。)
私は、延伸される可能性は低いと思います。

まず第一に、久宝寺口駅から先には、建設用の用地が確保されていません。
門真市〜久宝寺口駅までは、モノレール建設用の用地が最初から確保されていて、(荒本駅周辺も、あらかじめ広めにスペースが空けられています。)そのため延伸にかかる費用はかなり抑えられていると思います。
ですが、久宝寺口から先には、それがありません。
近畿自動車道の真上を通るなど、アクロバティックな事をすれば可能だと思いますが、建設費の高騰は避けられないでしょう。

‥‥では、瓜生堂〜久宝寺口まではどうなのか? という事になりますが、こちらは利点があまり感じられません。
久宝寺口駅周辺には、東大阪市立病院のような施設はありませんし、久宝寺緑地までは少し遠いです。(ただし、途中の巨摩橋〜新家町付近には、近大附属高校などの私立高校が2校ほどあり、そこに駅を作れば多少の需要は見込めます。)

近鉄大阪線に乗り換えれば、八尾や河内国分、大和八木方面‥‥さらには伊勢志摩まで行く事ができますので、あながち無駄でもないのですが、久宝寺口は各停しか止まらない駅であり、さらにそこから急行停車駅(河内国分もしくは五位堂)へ行くとなると、かなり遠いです。河内山本で準急に乗り換える事ができれば数駅ですが、近鉄大阪線では、準急はラッシュ時にしか運行されていませんので、昼間は非常に不便です。(※2016年現在)
また、このルートで名古屋へ行く人はあまり居ないでしょう。千里や茨木に住んでいるなら、新大阪や京都で新幹線に乗るべきです。

八尾市、柏原市の人にとっては上述のメリットを享受できてメリットがありますので、その辺りの需要次第でしょうか。

まぁ元南河内郡民としては、河内松原や美原ロータリー付近まで伸びて欲しいと思っているのですが、用地の問題で相当厳しいと思います。されるとしても、たぶん私が寿命などで死んでからになるでしょうか。


‥‥‥といった感じで、大阪モノレールの延伸について考えてみました。

今までは、どこへ行くにも鶴橋まで出て、そこから大阪環状線に乗って‥‥‥という乗り換えを強いられていたわけですが、これが無くなるだけでも魅力的かと思っています。
おおさか東線が新大阪につながれば新幹線にも乗りやすくなりますし、かなり嬉しい話ではあるのですが、うまくいってくれる事を祈るばかりです。

ではでは。
posted by TCT at 19:39| Comment(1) | 主張とか
この記事へのコメント
大阪モノレール 2029年開業
Posted by at 2017年09月17日 19:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: