2013年01月13日

2013年1月から放送のアニメとか

それしかネタないのかとか思われそうですが(ぉ
さっき見た、某アニメの印象がきつすぎたので、つい記事にしてしまいました。

※なお、録画機器を持っていないので、ネット配信している作品しか見ていません。予めご了承下さい。

今のところ、注目している作品は3つあります。
あんまりこういう喩えかたは好きじゃないのですが、今期のアニメって「競馬風」の表現がすごく似合うような気がするので、そんな感じでやっていこうと思います。

というわけで、まずは本命から。

●本命:まおゆう魔王勇者
知ってる人は知ってるかもしれません。2chのvipから生まれた小説が原作の物語です。
で、この作品の何が魅力的かというと、「剣と魔法の世界」に経済学の概念を持ち込んでいるところです。

さて、「剣と魔法の世界」で「魔王勇者」モノと聞くと、勇者が魔王を倒しに行く話を想像する方が多いと思います。
‥‥が、これはそんな話じゃありません。
「魔王を倒す」以外の方法で世界を救う話です。

まあ、これ以上語るのは野暮なので、紹介はこれぐらいにしておきます。気になったかたはググるか、無料配信の1話をご覧下さい。

で、この物語。小説版が人気だったので、制作陣もかなり期待しているのでしょう。声優さんがめちゃくちゃ豪華です。
いくらなんでも普通はここまでしないだろう、っていうぐらい豪華です。つまり、相当な予算を突っ込んでいると思われます。制作側の自信の表れだと思います。

実際、1話を見てみましたが、なかなか良い感じにまとまっていました。
全部読むのに丸1日かかるという、とんでもないボリュームの原作なので、どこまでアニメでやれるのかは分かりませんが、それをちょうど良い感じに、約30分の枠内でまとめている感じです。
原作にない会話やシーンもありますが、アニメという表現方法を採る上ではやむを得ない範疇だと思います。

とまあ、これが今期一番の本命アニメなのです。
でも、本命だけが全てではありません。むしろ、今回わざわざ競馬に例えたのは、「本命じゃないけどハマったモノ」が2つもあったからなのです。
それではまず、その2つのうちの片方から。

●大穴:gdgdフェアリーーズ(gdgd妖精's 2期)
1期は完全にノーマークでした。というか見てもいなかったです。
このアニメは、1月4日に今期のアニメをチェックした時に初めて知りました。
そこで、ちょうど1期の1話が無料公開されていたので試しに見てみたのです。

‥‥ハマりました。

基本的には3人の妖精のどーでもいい会話で繰り広げられるのですが、この会話が無駄なく面白いのです。
伏線もちゃんとありますし、後でちゃんと回収します。
さらに、このアニメの中の1コーナー「アフレ湖」は、なんと台本無しというトンでもないコーナーです。完全アドリブで、声優さんの「素」でさえもチラ見せしています。

あ、あと全編MMD(MikuMikuDance)と+αで作られています。そして超低予算アニメです。あと、作っているのが「アニメ業界の人」ではなくて「放送作家さん」です。
‥‥とまあ、とにかく異色なのです。それでいて内容はとてもオススメです。
2期も同じようなクオリティである保証はないのですが、個人的にはとても楽しみにしています。

あ、ちなみに何故このアニメが「大穴」なのかというと、公式自身がニコ動で「大穴」をタグロックしているからです。
そして、文字通りの大穴っぷりを見せつけてくれます。こういう所も好きです。

※ちなみに、最低でも1期の1話(無料)を見てから2期を見るのをオススメします。その方が絶対楽しめます。もちろん、1期全部を見てから2期を見ると、もっと楽しめると思います。

●ダークホース:琴浦さん
以前から、この本の表紙は本屋さんでよく見かけていました。
ほのぼのとした、よくある4コマ漫画の表紙です。
事実、私もついさっきまで、これはそういう類の「ほのぼのギャグ4コマ」作品なのだと思っていました。

 表紙詐欺でした。

いや、本はまだ読んでいないのですが、アニメ1話はもうトンでもなかったです。
最初の10分間、あのほのぼのした表紙からは想像もつかないような映像が流れ続けます。
‥‥‥これ以上は書きませんが、1話の印象がひどすぎました。この記事の冒頭に「某アニメの印象がきつすぎたので、つい記事にしてしまいました。」と書きましたが、そのアニメがこれです。
鬱展開もあったりしますが、とても面白い作品だと思います。

●その他:あいまいみー
これはお馴染み竹書房の3分アニメ枠です。でも、今までの竹書房の3分アニメと違って、ギャグがイカレてます。
好みが分かれる作品だとは思いますし、私自身も途中で脱落するかもしれませんが、光るものがある作品だと思います。
あとは、これ意外にもまんがーるとかヤマノススメとかはとりあえず2〜3話見てみようかと思っています。

【おまけ:前期のアニメを振り返ってみる】
前期の記事をまだ書いていないので、ついてに前期も振り返ってみたいと思います。
とは言っても、去年の10月〜12月は、2分〜5分ぐらいの短いアニメしか見ていなかったような気がします。

・1番好きだった‥‥かなぁというアニメ:うーさーのその日暮らし
キャラがかわいいってのもありますが、なんというか、こういう微妙なギャグは大好きです。
単に自分の好みだというだけなので、人には勧めませんが、こういう作品は珍しいと思います。

・2番目‥‥てーきゅう
この作品の作者さんは「するめいか」という自主制作アニメをニコ動に上げているのですが、その人の作品です。
はい、この作者の作風が好きだから見てます。
好みは分かれますが、私はこういうノリ、好きです。

・続投‥‥ポヨポヨ観察日記
見ていて癒されます。それが全てです。以前の記事でも書きましたが、テンポが良くて5分枠にうまくおさめています。

とまあ、簡単に今期と前期のアニメをまとめてみました。
意外とイイ感じの作品が多いので、今期も配信日を楽しみにする日々を過ごすことができそうです。
問題は、配信日が木曜〜土曜に集中していて偏っているため、配信日が待ち遠しくて仕方がない事なのですが(ぇ まあこれは贅沢な悩みでしょう。

ではでは。

1話へのリンク
posted by TCT at 02:11| Comment(0) | 漫画・アニメ

2012年09月09日

最近見るもの、読むもの(2012.09)

またこの系のネタか、とか思われそうですが、再び最近見てる漫画とかアニメについて書いてみようと思います。
今期も個人的には豊作だったので、週に5日は何かを見てるような感じです。

【今期のもの】
・じょしらく
イチオシです。
本放送だけじゃなくてラジオまで聴くぐらいハマってます。
まあ、こういう系のシニカルなネタが好きな人間なので仕方ないですね。

いやもう、1話の「かえせー」を放送した時点で、うわこれはヤバいと。
しかも監督の名前見たら、ドクロちゃんとか大魔法峠の人だったわけで。
・・・・うん、このアニメはこのノリでいくんだと確信しました。

本当はコミックスが4巻まで出ているのですが、まだ2巻までしか買ってません。アニメの放送が終わってから買おうと思っています。
というのも、このアニメは絶対原作知らずに見た方が度肝抜かれて面白いんじゃないかと感じたからです。(実際どっちが正しいのかは放送が終わるまで分かりませんが。)

まあぶっちゃけ放送が終わるとかいう以前に、アブなすぎていつ打ち切りになってもおかしくない(ぉ)のですが、是非とも最後まで放送して欲しいものですw

・ゆるゆり♪♪
放送前から大本命だった作品です。
1期放送中に偶然本屋で見かけて、一気に7巻まで買ってしまうほどハマってしまいました。
アニメ1期もイチオシでしたし、2期も相変わらずで面白いです。

2期は特に、6話のOPとか、あかねお姉さんとか、8話のEDみたいな破壊力の大きいシーンも多く、楽しませてもらっています。というかお姉さんのシーンは原作以上に危ない描写になってると思うんです(

・人類は衰退しました。
これも1話・2話とシュールな内容で気に入った作品です。
どうも原作と話の順番を入れ替えて放送しているらしく、ニコニコのコメントがないと時系列が分かりにくいのが難点ですが、内容自体は‥‥シュールだったり、いい話(?)だったり、腹黒かったりして楽しいです。
そして何より作品のテイストが好みです。
あとわたしちゃんがかわい(マテ

・その他
ポヨとしばいぬ子さん、ゆるめいつは前期から続投で見ています。
どれも安定して面白く、すっかり安心して見れるので癒されます。

あ、そういえばしばいぬ子さんの単行本買いました。ネタは相変わらず面白いのですが、こちらは茶子さんとしばいぬ子さんの友情も描かれててアニメよりも良い感じです。
あと、茶子さんの性格も描写されてるのですが・・・・これがけっこう好みです。

【今期以外のもの】
・這いよれ! ニャル子さん
前回の記事を書いてから見つけたアニメですが、とにかくパロディとノリが凄いです。
ニャル子さんのまくし立てるようなボケとネタで毎回一気に持ってかれてるような感じです。
コメントなんかを見ていると、パクりまくってるだけじゃないかとか色々な意見を見かけたりもするのですが、でもこういう色んな有名なセリフとかネタを持ってくるやり方って、ニコ動ではとっくの昔に確立されている超人気ジャンルなんですよね。
それこそ、ネタの詰め合わせのようなゲーム実況動画がランキング上位に載るぐらいに。
それを個人がやってるか、アニメ制作会社がやってるのかの違いだと思うんです。

で、プロがそういう事しちゃいけないとかいう決まりはないんですよね。(パロディ元の権利者に怒られさえしなければ)
というか、プロだから云々とか言って物語を縛ってたら面白いものはできません。

だからアリだと思うんですよね。

・リリカルなのはVivid(コミック)
はい、前回Striker'sが云々とか書きましたが、あれから怒濤の勢いでDVDを借りまくり、1期から3期まで全部見てしまいました。
‥‥で、それでは飽きたらず、ついにその続編に手を出してしまいました。
まだアニメ化はされてないのでコミックで読んでる程度ですが、こういう「事件」がない明るい展開も良いものです。というか、「なのは」の世界観自体、友情とか仲間とかそういうのを中心にしているので、こういう平和な展開がとてもよく映えるんですよね。
同じ「なのは」でもForceの方は結構暗い事件を取り扱ってるようですが、こっちはまだ買っていません。
たぶん、買い出すと止まらないと思うので、ある程度単行本の巻数が揃ったら、その時点で一気に買おうと思ってます。
さすがに、公式のコミックスが「完売」する事はないはずですので(

・とある魔術の禁書目録
はい、今更見始めてます。
厳密には、6・7話ぐらいまで見て封印してます。

いやほら、ある日曜の23時半ぐらいに、軽い気持ちで1話だけ見たんですよ。
そしたら全ての回が「続きが気になる」系の終わり方をしてて、止まらなくなったんです。
で、結局止められたのが、1つのエピソードが終わった6・7話あたりだったんです。

はい、こんな危険なのは時間がある時に見ないとヤバいと思い、今もまだ封印中です。
なにしろ2クールある上に、続編の「レールガン」まで控えてるので、たぶんよっぽど余裕がある時でないと見ないでしょう。
・・・・でも、気にはなるんですけどね。

・棺担ぎのクロ(コミック)
まだアニメ化すらされていません。
作者は「GA 芸術科アートデザインクラス」の人。だけど内容や世界観は「GA」とは全然違います。
19世紀ぐらいのヨーロッパっぽい所を舞台に繰り広げられる不思議な「棺を担いだ黒服の旅人」の女の子のお話です。
ダークファンタジー、という言葉がしっくりくるのかもしれません。
そして、主人公たちが旅の途中で出会う物語1つ1つが、またじんわり来るのです。

・狼と香辛料
かなり昔に2話ぐらいまで見た事があります。
それが、先ほどの「棺担ぎのクロ」を見た時にふとこの作品の存在を思い出して、そして再視聴していました。
ホロとロレンスの会話とか、ホロの機転とか、そして旅の雰囲気とか、OP曲とか。
再視聴した時はこれらがすっかり気に入ってしまって、1期をあっという間に見終わってしまいました。
ただし、2期は痴話ゲンカが大部分を占めてるらしいので少し見るのをためらっています。

・まりかちゃん乙(コミック)
ウザカワ系の不思議ちゃんな女子高生が主人公の4コマ漫画です。アニメ化の気配はまだありません。
いや、この主人公、すっごく面倒な性格で、毒舌で・・・かと思いきや目立つのが大嫌いで、自分が嫌われていないかすっごく気にする子で、「わたし、ウザくないよね?」的なことをウザいぐらいに聞いてくるという、とんでもない主人公です。あと、すっごく変な子です。

うん、ここまで「ウザい主人公」を追求してる作品ってあんまり無いと思うし、しかも面白いので個人的にすごくハマってます。


‥‥とまあ、こんな感じです。
他にも、するめいかとか、ソードアートオンラインとか色々見てるものはありますが、キリがないのでこの辺で。

ではでは。
posted by TCT at 23:32| Comment(0) | 漫画・アニメ

2012年04月14日

最近よく見るもの、読むもの

ニコニコ動画が公式にアニメを(安く)配信するようになったので、最近になって色々と一昔前の作品を見始めています。

まあ、漫画はともかくアニメって、そんなに人聞きの良い趣味じゃないのですが、やっぱ面白いものは面白いし、お陰でネットの話題についていけるようになったので、むしろ見た方が良いのかなと思うようになってきました。
きっと自分のことだから一生ネットと付き合う事になるだろうし、そこの話題やネタが分かるようになるってのは意外と大きいのかなと思うんです。ストーリー自体が面白い作品も多いですし、本を読み漁るような感覚で見るのも悪くないのかなと。

そんなこんなで最近は、ネットのレンタルDVDサービスまで利用して、ネット配信してない作品にまで手を出しています。面白いです。

そんなわけで、最近気になってる作品を適当に列挙してみます。


続きを読む
posted by TCT at 11:05| Comment(2) | 漫画・アニメ