2017年09月10日

スプラトゥーン2 好きなブキとか

さて、Splatoon2の発売から1月半ほど経ちました。
初代Splatoonの時にもこういう記事を書いていたのですが、2にもそこそこ慣れてきましたので、今度は2で好きなブキを勝手に挙げてみたいと思います。

※あくまで私が「好きな」ブキです。
※現時点で、私のウデマエはA帯です。上手いわけではありません。
※もし間違っている事を書いていたら、生温かい目でご容赦いただけるとありがたいです。


・わかばシューター(全てのガチルール)
最近、このブキの良さが分かってきました。
インクアーマーが少しだけ弱くなりましたが、このブキの真価はスプラッシュボムだと思っていますので、それほど困りません。
1の時にも書きましたが、メインのインク効率が良いという事は、サブのスプラッシュボムを高頻度で投げられるという事です。これこそがこのブキ最大の強みだと思います。
また、塗り能力が高いので、エリアを塗る、ホコの道を作る、敵が塗ったホコの道を潰す、という動作がとてもやりやすいです。
さらに、メインのインクが飛び散るという事は、そう簡単によけられない事を意味します。他の弾が直線に飛ぶようなブキだと、左右によけられたり、そのまま横に回り込まれたりして撃ち負けてしまう事があります。(特に、相手がマニューバやボールドの時。)ですが、わかばのインクは広範囲に飛び散りますので、そういうよけ方をされても当てることができます。
さらにさらに、少しだけ高い台の上や、低い所への攻撃も可能です。例えば、ホッケのコンテナの上から、コンテナの下の敵に流れ弾を当てられる程度には高低差に強いです。(運が良ければ、2体同時にキルできる事も‥‥‥)
‥‥とまあ、そんなわけですっかりお気に入りのブキになってしまいました。とはいえ、これだけだと飽きますので、他のブキも使います。

・プライムシューター(ガチエリア。たまにガチヤグラ)
1の時に気に入って、そのまま引き続き使っているブキです。コラボはまだ使いこなせていません。
多くのシューターに対して射程差を押し付ける事ができ、しかも射撃精度が良いので狙いが合えば意外と簡単にキルできます。
96ガロンみたいに、狙ってるのに当たらない、という事もありません。
インクの燃費が悪いのが弱点ですが、インク回復やインク効率を積んで、インク回復をこまめにすればどうにかなるレベルだと思います。
無印はボムがないのが非常に厳しいのですが、ポイントセンサーを当てればメインをかなり当てやすくなりますし、運が良ければ味方がキルしてくれます。(ついでにキルアシストも入ります。)
アメフラシは状況によりますが、頑張ればエリアのカウントストップぐらいは狙えます。また、ヤグラのカンモン近くで使えば、敵があまり寄ってこなくなる‥‥‥事があります。

・ラピッドブラスター(ガチホコバトル)
ホコの道を作るのがとても上手なブキです。さらに、ホコが高確率で通るような狭い通路(バッテラの車の所へ行く細道とか、フジツボのゴール前の坂とか)にトラップを置いておけば、こっそり道を作りに来た敵を感知する事もできます。
さらに、ホコの周りに群がる敵を一網打尽にする事もできますし、ボムピッチャーでホコバリアを割って速攻をかける事もできます。本当にホコ向けのブキだと思います。

・ホットブラスター(ガチヤグラ ※不利なステージを除く)
ステージを選びますが、こちらはヤグラに少し有利だと思います。
特に、コンブのようにシューターの弾が当たりにくいステージや、マンタマリア号のように金網の上から狙われる事が多いステージでは威力を発揮します。
さらに、カンモンで止まっているヤグラにポイズンボールを当てれば、少しだけ有利に動くこともできます。

・バレルスピナー(ガチエリア)
ジェットスイーパーに匹敵する射程に、圧倒的なキルタイムが特徴です。
半チャージをうまく使えば、近距離の敵にだって撃ち勝ててしまうブキです。
ただし、障害物の多いステージにはあまり向きません。また、スペシャルのハイパープレッサーが活躍できるようなマップでないと、ちょっと勿体ないかもしれません。

・L3リールガン(ガチエリア・ガチホコバトル)
これもステージを選びますが、このブキの魅力は何と言っても「塗る力」です。
メインの塗り効率は、この射程のシューターの中では(H3を除けば)ナンバー1です。
また、サブのカーリングボムはホコの道を作るのに最適ですし、壁で90度跳ね返るように投げれば意外とキルが取れたりします。
さらに、スペシャルのイカスフィアは最近塗り能力が強化され、(強化される前から可能でしたが)爆発でエリアを取る事ができます。
キルタイムはそんなに早くない‥‥‥かと思いきや、それほど遅いわけではなく、意外とキルもできます。
ただ、曲射が苦手だったり、壁を塗るのがとても苦手だったりと、デメリットも多いです。

・バケットスロッシャー(ガチエリア)
ちょっと前まで、障害物の多いステージでよく使っていました。
障害物を越えてエリアを塗ったり、キューバンボムで敵を引っかけたりと、意外とキルできます。
マルチミサイルが使えるのも魅力的ですが、こちらはイマイチ使いこなせていません。

とまあ、今作で気に入ってるブキはこんな感じです。
これからもブキはどんどん増えていくと思いますので、またお気に入りのブキができたら、記事を書くかもしれません。
ではでは。
posted by TCT at 22:34| Comment(0) | 日記

2016年07月18日

第3回 スプラトゥーン 好きなブキとか

前々回前回の記事で、Splatoonの好きなステージやブキについて語りましたが、あれからブキチセレクションが登場したり、好きな武器が弱体化したりして、ブキの好みがさらに変わってきました。
というわけで、またまた好きなブキについて語りたいと思います。

好きなステージはあれから変わっていませんが、ショッツル・アンチョビはどちらも好きなステージです。

では早速いってみましょう。
なお、最近ガチをやっていないので、全てナワバリバトルを前提で書いています。
 
続きを読む
posted by TCT at 23:30| Comment(0) | 日記

2016年04月29日

Empire of Code 操作説明とか

プログラミングしないと戦えないWebストラテジーゲーム「Empire of Code」が時間泥棒確定!(APPGIGA)
http://plus.appgiga.jp/masatolan/2016/04/27/56951/

こんな記事があったので、ためしにやってみました。
しかし‥‥当然の事ながら英語のゲームなので、何が何だかよく分かりません。

「せっかく面白そうなゲームなのに、操作が分からないのは勿体ない!」
というわけで、簡単な操作説明の記事を、大雑把に作ってみました。

なお、「何をするゲームなのか?」が知りたいかたは、先に上記の記事をご覧下さい。
 
続きを読む
posted by TCT at 15:02| Comment(0) | 日記

2016年03月19日

第2回 スプラトゥーン 好きなステージとかブキとか

前回の記事で、Splatoonの好きなステージやブキについて語りましたが、あれから色んなブキを使ってみて、好きなブキも変わってきました。
4月にはブキチセレクションも出る事ですし、その前に現時点の「好きなブキ」について、もう一度書いてみたいと思います。

なお、好きなステージに変動はありません。
 
続きを読む
posted by TCT at 14:32| Comment(0) | 日記

2016年02月28日

鉄のフライパンを買ってみた

前のフライパンが焦げ付きやすくなったので、鉄のフライパンに買い換えました。

と言っても別に、テフロン加工に愛想が尽きたとか、料理ツウを気取ってみたとか、そういう理由ではありません。
ただ、なんとなくラクそうだなと思っただけの話です。

いやいや、ラクじゃないから! と思うかたもいらっしゃるかもしれませんが、
・空焼きOK
・洗う時はタワシでゴシゴシすればOK。洗剤も不要。
・最初は油なじませが必要だけど、そのうち必要なくなる(らしい)
という3点に惹かれました。
テフロンにタワシは厳禁ですし、空焼きもNGです。その心配がないというのが、けっこう魅力に感じたわけです。

値段も1500円程度でテフロンとほぼ同じ(というかむしろ安い?)ので、失敗してもそんなに損しないから、という理由もあります。
(どうせテフロンの寿命は1〜2年なので、仮に失敗しても1〜2年使えば元は取れます。)

あと、鉄のデメリットとして
・重い
・柄が熱くなるのでミトンが必要
というのがありますが、当方男なので重いのはどうにかなりますし、柄が熱くて持てない! なんて事はありませんでした。(長時間煮込みをすれば分かりませんが、今のところそういう料理はしていません。)
 
続きを読む
posted by TCT at 22:40| Comment(0) | 日記

2016年01月18日

スプラトゥーン 好きなステージとかブキとか

前回の記事で、NAT回線にも関わらずようやくSplatoonを遊べるようになった、という話を書きましたが、今回は、Splatoonの好きなステージやブキについて語ってみたいと思います。
はい、ただ語るだけの記事です()
 
続きを読む
posted by TCT at 00:00| Comment(0) | 日記

2015年04月26日

理想の机がない件

以前、理想の手帳がない件というエントリを書きましたが、今度は理想の机がありません。
といっても、手帳のときとは少し事情が違います。

今はコタツにディスプレイを置いて作業をしているのですが、腰に良くないし、机のほうが集中できるし‥‥というわけで、引っ越しで部屋が(少しだけ)広くなったのを機に、机を導入しようと思ったわけです。

しかし‥‥‥売り切れ。

手帳の時と違って、理想の机はたしかにこの世に存在するのです。色がこげ茶か黒で、シンプルな幅110〜120cmぐらいの机であれば良いのです。
が、そういう机は皆が欲しがるのでしょう。おまけに今は引っ越しシーズン。みんな引っ越して新しい机を買おうとしている時期なのです。
お陰で、「入荷は5月下旬」とか、「入荷は6月」という文字を何度も見せられるハメになってしまいました。

色が違えば在庫があるようなのですが、机というのは、長時間作業をするための場所なのであって。
目に優しくなかったり、部屋のカベと同じ色(白)だったり、部屋の床と同じ色(明るい木目調)だったり‥‥‥というのは、なんとなく気になってしまうわけです。
部屋が明るめの色なので、やっぱり正反対の暗めの色のほうがいいなぁとか、こだわりたくなってしまいます。
こうなったら5月下旬まで待ちましょうかねぇ‥‥‥

というわけで、理想の机が(売り切れで)ない、というお話でした。

(追伸)
ちなみに手帳については、結局システム手帳を導入し、今も使い続けています。
システム手帳であれば、日曜始まりのカレンダーリフィルがありますし、不要な週間スケジュールを取り除くのも簡単です。
最初はA6サイズで使っていましたが、ちょっと使いづらかったのでバイブルサイズにしてみました。
今のところちょうど良く使えています。気がかりだった「リングが手に当たる」という現象も、リングが小さい薄型のタイプにしたお陰で特に気になりません。なかなか快適です。

ではでは。
posted by TCT at 21:59| Comment(0) | 日記

2015年04月21日

明日、引っ越します。

今みたいに、外の道を酔っ払いが歌いながら歩く光景を聞くのも、今日が最後になるのだろう。
でも、こういうの嫌いではないので、ちょっと寂しいかも。

でも、どっちにしても、この部屋で過ごす夜はこれで最後。
…明日朝早いし、よく寝れたらいいな。
posted by TCT at 23:54| Comment(0) | 日記

2015年04月10日

そろそろこんな掛け時計が発売されてもいいと思う

ズバリ、「天気予報機能つき掛け時計」。

おいおい、そんなのとっくに売ってるじゃないか、と思われるかもしれませんが、ここで求めているのは「ネットで天気予報を受信して表示できる時計」です。
今売ってる天気予報時計は、「今の湿度から天気を予想する」方式なので、当たらない可能性もあります。
その点、ネットの天気予報であれば、ちゃんと気象予報士が予想した天気なわけですから、当たる可能性は格段に上がります。

スマホでも同等のことができるのですが、掛け時計や置き時計にその機能が付いていれば、傘を忘れにくくなりますし、薄着して行ったら寒かった! なんて事も減らせます。
また、ネットで天気予報を受信できるという事は、ついでに株価やドル相場なんかも受信する事だってできてしまうわけで。
さらに、現在の「正確な」時刻だって受信できてしまうので、電波時計みたいに、受信できるかも分からないような天文台の電波を受信する必要がありません。ネットで確実に正確な時刻を受信できます。
さらに、表示部を液晶パネルにしてしまえば、ゴミの日を登録して、ゴミの日を知らせてくれる機能だって付けられると思いますし、「コチコチ音が鳴らないアナログ時計」を表示させる事だって可能になります。

少し電気を食ってしまうので、電源はコンセント式になってしまいますし、部屋に無線LANがある事が前提(もしくは有線LANの線をつなぐ前提)になってしまいますが、これ、あったらすっごく便利だと思うのです。

と言っても、これだけだと、まだちょっと弱いんですよね。
もっと既存の時計を駆逐してしまうほどの凄い「何か」がないと商売にはならないでしょうから。

とまあ、こんな感じで、ふと思った「あったらいいな」を書いてみたのでした。
本当に売られたりしませんかねw

ではでは。
posted by TCT at 23:56| Comment(0) | 日記

2015年04月08日

引越準備中。

今のマンションに住み始めて10年が経とうとしているわけですが、このたび引っ越す事になりました。
さすがに10年も住むと、エアコンが古くなったり、蛍光灯(取り外し不可)の配線が変な色になって危なくなってきたり、部屋が手狭になってきたり‥‥‥と色々理由はあるのですが、少しだけ広い部屋へ移ることになりました。

引越予定は4月下旬です。
で、今色々と箱詰めしているところなのですが、けっこう要らないものが溜まっていたので、これを機にだいぶ捨てました。
 
続きを読む
posted by TCT at 23:33| Comment(0) | 日記

2015年03月15日

P2PでTCGを対戦するソフトでイカサマを対策するには(実装編)

※この記事は、前記事「理論編」の続きです。

誰得記事の続きです。長くなったので2つに分けました。
今回は、アリスとボブに実際の実装内容を、実演してもらいます。
 
続きを読む
posted by TCT at 13:12| Comment(0) | 日記

P2PでTCGを対戦するソフトでイカサマを対策するには(理論編)

※やや専門的な記事です。この記事を理解するには、基本情報技術者レベルの知識が必要かもしれません。
※TCG(トレーディングカードゲーム)の知識も必要です。


リアルでTCGを対戦するのは楽しいものですが、忙しくなるとそうもいかなくなってきます。
また、オンライン対戦の方がリアル対戦に比べて、短時間で対戦できるというメリットもあります。

そんなわけで、オンラインでTCG対戦ができるソフトの需要は確かにあるのですが、オンライン対戦ソフトを作るにあたって、1つ考慮しなければならない事があります。

それが「イカサマ」や「チート」と呼ばれるものです。

普通のネトゲなんかでも、チートプレイヤーなるものが居たりするのですが、ソフトの設計に問題があると、TCGでもこれができてしまいます。
そこでこの記事では、TCGのネット対戦で「悪いプレイヤー」が使うであろうイカサマと、それを対策するにはどのようなロジックにすれば良いか? という事を考察していきたいと思います。

−ご注意−
最初におことわりしておきますが、私はオンラインTCG対戦ソフトを開発しているわけではありませんし、そんな計画もありません。
ただ単に、こういうヤヤコシイ事を考えるのが好きなだけです。

 
続きを読む
posted by TCT at 12:40| Comment(0) | 日記

2015年01月12日

文章の癖。

最近、小説を書きたい衝動が再燃していたりします。
まあ、数年単位でちょっとずつ書いて、未だ完成していないのが殆どなのですが。

で、その小説、書き始めたのが10年前だったりするのですが、この10年の間に文章の癖がだいぶ変わってきたなと痛感させられました。

昔は、句読点‥‥‥特に読点をたくさん付ける癖があって、けっこう頻繁に読点を入れていました。
それは必ずしも悪いわけではなく、例えば操作マニュアルのように正確性を重視する文章であれば、頻繁に入れる方が良いそうです。なので、今も仕事のメールや仕様書など、用件を正確に伝える事が重要視される場合は頻繁に入れています。

が、ブログの文章や小説では、最近あまり入れなくなりました。
それでもまだ読点が多い方だと自分でも自覚しているのですが、読点の少ない文を読むのは私自身が苦手ですし、「ここではきものを脱いで下さい。」のような事にならないか心配になってしまうので、たぶん今よりも読点が少なくなることは、たぶん無いと思います。

あと、昔の小説を見ていると、視点移動が多くて愕然としました。
要するに、一人称小説で地の文が全て「俺は〜」で始まっていたのが、次の節ではヒロイン視点の「私は〜」に変わってしまっているのです。

まあ、これは「絶対にダメ」というものではなく、素人小説であれば(誰視点かが分かるような書き方であれば)許容される事もあるのですが、嫌う人も多いので、ある時からは気をつけています。とはいえ、1人称の方が感情を存分に盛り込めるという大きなメリットがあるので、難しいところです。
書き出しを1人称で書いてしまったものの、途中でどうしても悪役が悪事を企むシーンを入れなければならなくなった。でも今更3人称に書き直せない! なんて事もありますからね‥‥‥ほんと悩みます。

まあ、それ以上に痛感したのが、文のバリエーションがまだまだ貧弱だという事なんですけどね!
最近小説はご無沙汰しているのですが、久しぶりに何か買って読んでみる方が良いのかもしれないですね。

‥‥‥とまあ、適当に思ったことをただ綴るだけの文章を書いたところで、筆を置こうと思います。
ではでは。
posted by TCT at 23:20| Comment(0) | 日記

2014年12月30日

たまにはこんな正月を過ごしてみたい

3が日ずっと家に引きこもってネット番組とか見まくるような正月って、色々満喫できて幸せなんだろうなぁ。と思ってみたり。
実際は色々あって、そんな正月は過ごせないわけですが、ちょっと憧れてみたりもするのです。

でも、実際はあっという間に過ぎてしまって、虚無感だけが残るんだろうなぁ‥‥‥なんちゃって。

---------------------------
なんて戯れ言はさておき、せっかくなので、ついでに今年でも振り返ってみようと思います。

私生活的には対した事はありませんでした。
趣味の面では、今までカードゲームはMagic Onlineしかやっていなかったのを、リアル用にと、MTGよりは金がかからなさそうなWIXOSSに手を出してみましたが、寒くなってからは結構忙しくなってきたので、あまり遊べていません。
その金をMagic Onlineにつぎ込んだ方が充実できるんじゃないかと考え始める程度には金がかかる事が分かったので、来年以降どうなるかは分かりません。

アニメの面では今年はほんとに色々見ました。日程と仕事の関係でコミケに行けなかったので、ろこどる・ごちうさ・SHIROBAKO関係のものを買いに行けなかったのが結構心残りですが、行くだけでけっこうな額の金が飛ぶ場所ですので、行けなくて良かったなとも思っています。
そろそろ引っ越したくなる程度には、今の部屋に長居していますし。

旅行は2月に雪国へ行ってきてこのブログにも記事を書きましたが、それ以外の旅行は(出張と会社行事を除いて)行っていません。
行きたい場所もだいぶ無くなってきた感じです。
北海道の北部とか東部はまだなので、そのうち行ってみたいのと、あとは‥‥‥高知はそんなに行きたいわけでもなく、沖縄‥‥は1人で行くにはちょっとハードル高そうだしで、他は今のところ思いつきません。

あ、そういえば、出張ついでに、人生で始めて聖地巡礼なるものを(流山市とか西新宿とかで)やってきましたが、そういえば記事書いてませんでした。
なんというか、たしかにクセにはなりそうな程度には楽しかったです。
「あぁ、いまあの場面の場所にいるんだ。」と思うと、意外となかなか感慨深い気分になれて、その気分をまた味わいたい気持ちはあります。
まあ、「月曜から出張」という状況を利用して、その前の日曜日から東京入りして私用であちこちに行くという反則技を使っていますので、こういう機会でも無ければ、滅多にこういう事はしないでしょう。
そもそも、聖地巡礼したくなるほど好きになれた作品はあんまりありません。

‥‥‥思い当たるのはこれぐらいですかね。
世間の出来事的には、STAP細胞とか中国の鶏肉問題とかがけっこう興味深かったのですが、まあこんな話をしても仕方が無いですし、個人的に今年の漢字は「疑」でしたが、それもそんなに楽しい話でもないですし。

というわけで、今年のこの日記は、これまで、という事になる予定です。
まあ、明日ブログに書きたくなるような出来事が起こるとも考えにくいですし。

ではでは。
posted by TCT at 23:00| Comment(0) | 日記

2014年11月16日

ちょっと違ったアプローチの、魔法少女の物語。

となりの魔法少女(1)/七葉なば
となりの魔法少女(2)/七葉なば

魔法が使える普通の少女と、2人の「友達」のお話。それが、この作品です。
魔法少女モノというと、たいていは「日常系」に分類されるユルユルふわふわな物語か、「まどか」や「なのは」みたいなシリアスなものに大別されますが、この作品は、それらとは少し違う視点で「魔法少女」という題材にアプローチをかけています。
それでいて、毎回暖かい気持ちになれて、そして少し切ない気持ちになれる4コマ漫画なのです。


「魔法で作ったものは本物にはなれない。」
主人公の少女、羽根井あきは、その昔「魔法の力で」友達を作っていました。でも、ある事をきっかけに魔法を解いてからは友達が1人もいなくなり、1人ぼっちに。
そんな彼女が高校2年の始業式に、魔法を使っている所を1人のクラスメイトに見られる所から物語は始まります。

普通の少女「相澤 圭」と、科学が大好きな理屈少女「宇佐神 茜」。この2人と仲良くなったあきは、色んな魔法に関するエピソードを交えながら、しだいに「友達」と呼べる関係になっていきます。

‥‥魔法って、普通に考えると便利で何でもできる、夢のようなモノなのですが、「何でもかんでも魔法で願いを叶えてしまって良いのか?」と聞かれると、素直に「イエス」とは答えられないと思います。
魔法でどこまで願いを叶えて、どこから魔法を使ってはいけないのか。そういうアプローチで物語が進んでいきます。

日常を描いているように見えても、扱っている題材はとてもシリアスで深く、読んでいて「あっ、これはいい。」と思わされました。
先述した通り、重いながらも毎回暖かく終わるので、読んでいて嫌味もありません。その辺は上手いなと感じました。

理屈少女がいるので、少し理屈っぽい展開はありますが、個人的にけっこうオススメです。
そして私がこの記事を書いているのは、(この漫画の紹介をしたいのもあるのですが)最終巻である第2巻の感想を書きたくて仕方がないからでもあるのです。

というわけで、未読の方向けの文章はここまでです。ここから先は、最終巻のネタバレを含みます。

続きを読む
posted by TCT at 20:12| Comment(0) | 日記

2014年09月14日

iPhoneの音楽が突然鳴り出す怪現象

先日エレベーターに乗っていたら、聞き覚えのある曲がいきなり聞こえてきました。
まさかと思い、自分のiPhoneを取り出してみると…たしかに鳴っていました。

でも、音楽アプリが立ち上がっているわけでもないし、着信があったわけでもありません。というか、そもそもこの曲は着信音に設定していません。また、ロックをかけているのでポケットの中でタッチパネルが誤動作したとも考えにくい状況です。

慌てて色々弄った結果、ようやく鳴り止みましたが、かなりマニアックな曲だったので本気で焦りました。

で、原因を調べてみたところ、どうやら、このような現象が起きていたようです。

ポケットの中で、偶然サイフがiPhoneのホームボタンに2回当たる。
→ホームボタン二回押しと判断され、画面上部に(ロック中であっても)音楽コントロールパネルが出る
→足の静電気がポケット越しに反応?して再生ボタンが押される
→音楽が鳴り出す。

ロック中でもこうなるのは知らなかったのですが、今後はポケットに物を入れるときは気を付けたいと思います。
posted by TCT at 15:06| Comment(0) | 日記

2014年04月19日

残念なサンドイッチ屋さん

最近、最寄り駅の駅前にサンドイッチ屋さんがオープンしました。
店の内装は落ち着いた感じでオシャレですし、駅からも近いです。また、サンドイッチなので、栄養のバランスにも期待できます。
そしてそれ以上に、今まで吉野家かマクドナルドぐらいしか選択肢がなかった朝食の選択肢が1つ増えるわけですから、個人的にはこのお店にはとても期待しています。

が、私はそのお店に、1回も入った事がありません。

別に接客がアレとか、味がどうとかじゃないんです。そもそも店に入った事がないので、接客を受けた事もありませんし、味も知りません。
それ以前の問題なのです。

まず第一にこのお店、開店が朝8時です。これが一番大きな理由です。
この最寄り駅から、大阪のビジネス街まではだいたい30分ぐらいで行ける距離なので、一見、とても合理的な時間に見えます。
でも、食事にだいたい10分〜20分かかるとして、それから電車に乗って行くと、会社に着くのは8時50分です。ちょっとギリギリです。始業前に着替えないといけない職場だったりした場合、間に合わないかもしれません。そうでなくても、始業10分前には会社に着いておきたいです。
そしてこれは、会社が9時始業で、しかも駅から会社までそんなに遠くない場合の事を言っています。
梅田の駅から少し歩くような所に会社があったり、もしくは新大阪に会社があったりした場合、アウトもあり得ます。
私の場合も、完全にアウトです。店が開く前に電車に乗らないと間に合いません。
朝食客を狙うなら、せめて7時半ぐらいに開かないと駄目だと思うんです。8時は中途半端だと思います。

そして第二に、何を売っているのかよく分かりません。
偶然開いてる時間に通りかかった時、店の前の黒板にサンドイッチの名前2つと値段が書かれていましたが、写真や絵が全く見えないので、中に何がはさまっているのかよく分かりませんし、量も分かりません。
さらに内装が喫茶店風でオシャレなので、サラリーマンが1人で入っていい店なのかも怪しいです。さらに言うと、中も暗くてよく見えません。

この辺は一度休みの日にでも行って調べてみたいのですが、開店時間だけはどうにもなりません。
‥‥とまあ、愚痴っぽい事をこっそりと書いてみました。
お店を経営するという事がとても大変だ、という事は知っていますし、できれば潰れずに続いて欲しいんですけどねぇ‥‥

ではでは。
posted by TCT at 19:19| Comment(0) | 日記

2014年03月21日

3DS入手しました。

NTTのポイントが貯まっていたので、ニンテンドー3DSを格安で入手してしまいました。
本当は今年の1月頃、「ゼルダの伝説〜神々のトライフォース2〜」が出る時に買おうか迷っていたのです。
あの時は旅行に行くのを優先したので、結局買わずにいたのですが、ひょんな事からNTTのポイントと3DSが交換できる事を知り、しかもそのポイントの有効期限があと1ヶ月だったので、ついに入手してしまいました。

そして今日、佐川が珍しく朝8時半に荷物を届けてくれたので、早速あらかじめ買っておいた「神々のトライフォース2」で遊んでみました。
私はスーパーファミコン時代に、初代「神々のトライフォース」で遊んだ世代なので、さすがにこれは食指が動いてしまいました。しかも「絵になれる」という、なんとなく面白そうな要素まで追加されています。

というわけでプレイしてみたのですが、さすが3DS、目の疲れ方が他のハードに比べてハンパじゃないです。3Dを切れば良いのですが、まあせっかくの3DSだし、という事で今のところ、「ゆるめの設定」と「フル3D」の間をいったりきたりしています。

もっとも、これは私が「右目の視力が1.5で左目の視力が0.5」という困った体質だからであって、視力が均等な人はそんなに疲れないのかもしれません。
視力差があっても、眼鏡をかければだいぶマシだと思います。私はかけてないのでよく分かりませんが。

しかし、この辺りは任天堂だけあって、しっかり配慮されていました。神々のトライフォース2には、プレイを始めてから時間が経つと、セーブする時に「そろそろ休憩しませんか?」というメッセージを出す機能が付いていたのです。
実際、ちょうど目が疲れはじめる頃にこのメッセージが出るので、お言葉に甘えて休憩する事にしています。
もちろん、セーブポイントもいい感じの間隔で設置されているので、「疲れてきたけどダンジョンの途中だからやめられない!」という事も今のところありません。

さて、そんなこんなで、ようやく3つの紋章を集めるところまで終わりました。これからマスターソード(と思われるモノ)を取りに行くところです。
ハンマーやフックショット、各種ロッド‥‥といったアイテムが、あるタイミングで一気に全部解禁されてしまうのが拍子抜けで少し残念でしたが、それ以外は今のところどうにか楽しめています。
ただ、プレイする時に姿勢を変えると、3DSと目との間の距離や角度が変わってしまい、再び目を3Dに慣らすのに数秒かかってしまうので、それが少しキツいです。
やっぱり3Dは切った方がいいのかもしれません。

ではでは。
posted by TCT at 22:37| Comment(0) | 日記

2014年03月15日

理想の手帳がない件

実は私、社会人のくせに手帳を持っていません。
ノート一冊で済ませています。

スケジュールはというと、机の上の卓上カレンダーに書いて済ませています。手帳を持っていないので、そうする他ないのです。

‥‥などと言うと、さっさと手帳買えよという結論になってしまいそうなのですが、私にはどうも手帳というものが性に合いません。なかなか満足のいく手帳が売られていないのです。

そこでまず、私が手帳に求めている機能を列挙してみます。

・月間カレンダー(できれば日曜日から始まる方が良い)
・フリーメモ欄(たくさん)※会議のメモを取るのに使用

以上です。この2つ以外は要りません。
仕事柄、週単位のスケジュール管理が必要ないので、週間カレンダーは不要です。あっても使いません。
時間単位で区切って作業をするような仕事ではない(それどころか不規則に仕事が割り込んでくる)ので、日単位のカレンダーも必要ありません。

この2つの条件を元に、文房具屋やネットで手帳を調べてみましたが、この条件に当てはまる物はありませんでした。
1つだけ、月間カレンダー(日曜始まり)とメモ欄だけ(+α)という夢のようなカレンダーがありましたが、フリーメモ欄が24ページしかなかったので断念しました。

まあ、かなり厳しい条件なのは自分でも分かっていますので、結局今は「手帳じゃなくてノートで済ませる」という方法に落ち着いています。とはいえ、会議の時に手元にカレンダーがないと、たまに不便です。

そこで、どうにか理想の手帳を作る方法が無いか考えてみました。

・リフィル形式(真ん中にリングが付いていて、ルーズリーフのようにパーツを綴じ込む方式)にする。
・いま流行りのタブレットを使う。
・ノートにカレンダーを糊で貼り付ける(マテ)

この3つのいずれかになりそうです。
3つ目は最後の手段として置いておくとして。
1つ目のリフィルにするのが一番現実的かもしれません。
ただし、真ん中にリングがあるため書きにくい、リフィルが近所に売っていないと大変、といったデメリットもあります。

2つ目のタブレットは、何よりもペン入力ができる事が前提です。
キーボードだと遅すぎて追いつけませんし、それ以前に図をメモする事ができません。また、下線を引いたり、矢印で項目をつなげるような事もできません。
一応、その条件を満たすタブレットは見つけています。解像度が低いので漢字がうまく書けるか分からない、という難点はありますが、一応ペン入力ができて、7インチで、メモアプリも入っています。Googleカレンダーと連携できるので、予定の管理もやりやすいです。
今日、電気屋で手に取ってみましたが、大きさと使い心地は十分でした。ただし、ペンがなかったので書き心地(一番重要な点)が試せていません。

問題は、これが実用的かどうかです。
ノートの代わりにタブレットにメモを取ることになるのですが、紙ではないので、後からそのメモを探すのが大変かもしれません。
もしかしたら、操作が意外と煩わしいかもしれません。
また、致命的な欠点として、電池が切れると何もできません。

高価なので、ためしに導入するという事もできず、導入にはかなり慎重にならざるを得ません。でも、魅力的ではあります。

でもやっぱり、紙にまさる物はないような気もしますし。
いい感じに自分でカスタマイズできるような手帳があったらいいんですけどねぇ‥‥

ではでは。
posted by TCT at 19:03| Comment(0) | 日記

2014年02月12日

風邪のおみやげ

旅行の記事で、空港が混んでてお土産を全く買えなかったと書きましたが。
代わりにとんでもないお土産がついてきてしまいました。

飛行機でもらったのか、寒いところに長いこと居たのが問題だったのか、はたまた単に旅の疲れが出たのか。
理由は分かりませんが、少なくとも今風邪をひいているのは事実です。

家を出る時は37.5度だったんです。しかも咳が出ていました。
熱だけならともかく、咳は「うつす危険」があるので、普段なら休むことを検討するのですが、風邪でも休まない人がたくさんいるのが今の職場です。
休んでも何か言われるような事はありませんが、月曜に旅行などという私事で休みを取ってしまいましたし、仕事も溜まっています。今日しなければならない作業まであります。

まだ37.5度で出社した事はなかったので、ためしに出社してみました。

午前中は(しんどくて寒気がしつつも)どうにかなりましたが、午後になってひどい頭痛に見舞われました。
しかもこんな時に限って、18時からユーザーと電話で話をしなきゃいけなくなってしまいました。

そして、ようやく18時45分に解放。普段ならもう少し仕事をするところですが、頭が痛すぎて頭が回りません。肺というか気管支の感覚もなんだか妙です。しかも咳をするたびに頭痛が響き、ひどい痛みに襲われます。
しかも家に食料がないので、途中スーパーに寄って、寒空の中重い食材を持ってようやく家に帰ってきました。

熱は38.5度に上がっていました。
まあ39度いってなかったので良しとしましょう。(一度39度の熱が出た事がありますが、あの時は今よりも倍ぐらい辛かったです。)

とりあえず甘酒をチンして飲みました。食欲はありません。
お茶漬け海苔とうどんがあるので流し込む事は可能ですが、最悪ウィダーインゼリーのお世話になるかもしれません。
食欲がない時は意外と重宝するのです。

とまあこんな状態でブログなんか書いてるとまた頭が痛くなってきましたので、そろそろ筆を置くことにします。
ではでは。
posted by TCT at 20:14| Comment(0) | 日記