2008年06月18日

内科と尿検査の微妙な疑問。

一昨日から微熱が続いているうえ、今朝起きたら頭痛やら腹痛やらがするので、さすがに医者に診てもらった方が良いと思い、今日は朝からいつもの病院に行こう‥‥としていました。
(なんとなく適当っぽい感じの先生で、イマイチ信用できる先生じゃなかったのですが、家から近い上に(患者が少ないため)いつもすいていたので、風邪っぽい時はいつもここに行っていました。)

しかし、今日行ってみたところ、病院が遠くに移転してしまっていたので、仕方なく別の病院へ行くことにしました。

受付へ行き、病状を話すと、私はさっそく尿検査を受けるように言われました。
そして尿検査を受けてみて‥‥‥おやと思ったのです。
前のよく行っていた病院では、尿検査なんかした事なかったぞと。

考えられる理由としては、次の2つです。

・前の病院が、尿検査を省略したくなるほど面倒くさがりな病院だった。
・尿検査はじつは必要ではない。

一瞬、前者かと思いましたが、よくよく考えれば妙な話です。
尿検査など、検査キットさえあれば誰にでもできます。しかも、それだけで尿検査の代金を請求することができるのです。
だから、いくら面倒でも、必要な尿検査を省略するなんてことは考えにくいでしょう。

‥‥ということは、後者?

ということになるのです。

まあ、尿にはたしかに健康状態がよく現れますし、万が一のことを考えると、尿検査はした方が良いに越したことはないのですが‥‥‥
この出来事のお陰で、病院の尿検査というものが、妙に疑わしく感じてしまったのでした。

ではでは。
posted by TCT at 00:20| Comment(0) | 日記

2008年06月17日

消費税が上がるかもしれないそうです。

消費税上げは不可避=「決断の時期」と強調−福田首相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080617-00000098-jij-pol

> 福田康夫首相は17日午後、都内で主要8カ国(G8)通信社の
> インタビューに応じ、消費税について「日本は世界有数の
> 高齢化社会だ。その国が5%でやっている。だからこれだけ
> 財政赤字を背負っている。その辺のところを決断しないと
> いけない。大事な時期だ」と述べ、税率引き上げは不可避
> との認識を表明。決断の時期を探っていることを示唆した。


だそうです。
ていうか、「日本は世界有数の高齢者社会だ」って、その理由は無いでしょう‥‥
じゃあ、消費税を上げる代わりに後期高齢者制度やめろよと。なんてことを思ってしまいます。

----------------------------

税金が上がるのは、ある程度仕方がないと思います。
少子化で税収も落ち込んでそうですし、高齢者が増えればつぎ込む税金が多くなるのも事実です。

でもなんというか、もうちょっと他の方法は無いのかなぁと思ってしまいます。

続きを読む
posted by TCT at 21:47| Comment(0) | 日記

2008年06月10日

秋葉原無差別殺人〜どうすれば防げたのか?


・・・・を論じることほど滑稽なことはないと思います。
この犯人のような心理状態の人間なんかゴマンといますし、また、家庭環境などの
外的要因もあります。(本人の心の問題だという意見もあると思いますが、ま
あ、思春期の未熟な時期に、家庭で色々あったらどうしようもないと思います。)

だから、こういう「原因根絶論」は無意味だと思います。

-----------------

某政治家が「ナイフを規制しよう」などと言っているそうですが、そんなの「何を
今更」って感じです。
それに、仮にナイフを規制できたとしても、トラックやカッターナイフは規制でき
ませんし、そもそも抜け道なんかいくらでもあります。

だから、「道具根絶論」も無意味です。

-----------------

今回の犯人は、携帯電話の掲示板に「犯行予告」をしていました。
それを警察がいち早くキャッチして逆探知できていたら、もしかたら未然に防げた
かもしれません。
‥‥‥が、そんなに逆探知はそんなに短時間ではできません。
たとえ逆探知したとしても、犯人の乗っているトラックを特定して捕まえるのは至
難の業です。
それに、そもそも犯行予告をせずに凶行に及ばれたらひとたまりもありません。

逆探知の技術を進化させれば防げる犯罪はあると思いますので、こういう方向の予
防はしても良いかもしれませんが、これでも残念ながら、防げない例はたくさんあ
ります。

--------------

また、警官を日本中に多数配置すれば、被害は少しは食い止められたかもしれませ
んが、そんなことは現実には不可能でしょう。

-----------------

じゃあどうすれば良いのか?

もう、各自が身体を鍛えるなり、神経を研ぎ澄ませたりするほか無いとしか言いよ
うがありません。

無理は百も承知です。でも、各自が助かるには、各自が努力をするほか無いと思う
のです。

まあ当然といえば当然のことなのですが、その当然のことに頼るしかない世の中に
なっているのは事実です。
書いていて空しくなってしまいました。

ではでは。
posted by TCT at 12:57| Comment(0) | 日記

携帯の危機。

今朝、携帯でサイトを回っていると、いきなり画面が真っ白になってしまいました。
しかも、クリアボタンを押してもう一度チャレンジしても、また真っ白になる始末。

‥‥ついに壊れましたか?

電源を切ってまた入れたら直りましたが、そろそろ買い換えなければならないのかなと思いました。

けっこう使いやすくて気に入っている携帯なので、あんまり買い換えたくないんですけどね。
せめて漢字変換の学習結果が移行できれば良いのですが‥‥

ところで、最近は携帯も割賦販売になって、2年持つことが前提になりつつあるようです。でも、一年半でこれだと、少し先が思いやられるような気がしました。

ではでは。
posted by TCT at 07:35| Comment(0) | 日記

文体クールダウン。

最近、別で書いている「なりきり日記」の文体に侵食されつつあるので、たまには普通の文体で日記を書いてみることにします。

本当は、感性に任せて適当な調子で書くのが一番楽しいのですが、それだとそのうちマトモな文章が書けなくなりそうなので、こうやって時々、普通の文体で日記を書いた方が良いのかな、と思いました。

本当はこういう「ですます調」をやめて「である調」に変えるのが一番手っ取り早いのですが、個人的に日記は「ですます調」で書きたいと思っています。
「である調」だと、なんとなくキツい気がしますし、それに私にとっては「ですます調」の方が難しいので、難しいほうの文体で書いた方が練習になります。

‥‥もっとも、あっちで使っている半オネェ系の「ですます調」は論外ですが。

続きを読む
posted by TCT at 01:09| Comment(1) | 日記

2008年06月08日

なんとなく色々なブラウザ

私は普段はSleipnirを愛用していますが、今日見つけたFireFox用のプラグインが気になったので、ためしにインストールしてみました。
ついでに、1年前に興味本位でインストールしてみたOperaもバージョンアップしたので、いま私のパソコンには(Sleipnir≒IEを含む)3つのブラウザがインストールされている事になります。

で、実際に使ってみたところ‥‥使い慣れているSleipnirの使用感には及びませんが、FireFoxもOperaも、各所に使いやすい工夫がされていて、なかなか使いやすかったです。
特にOperaは、去年使ったときに比べてページ再現性も上がっていましたし、何よりも軽くて良かったです。

いや本当に、タスクマネージャーでブラウザのメモリ使用量を見比べてみると、Operaがダントツにメモリ使用量が少ないのです。

‥‥もっとも、ページ読み込みにかかる時間はどれも同じだったので、残念ながら体感速度は変わりませんが‥‥‥でも、最近はPCのメモリが足りなくなる事がたまにあるので、いざという時は重宝しそうです。
というか、Sleipnirのブックマークさえ移行できれば、そのまま標準で使えるんじゃないかと思ったりしたのでした。
ではでは。

※ちなみにFirefoxはSleipnir以上にメモリ食ってました。南無。
posted by TCT at 00:15| Comment(1) | 日記

2008年06月07日

電話1本でコスプレ大会が中止に。

山梨県の「ハイジの村」で行われていたコスプレ大会が、「苦情電話が1本あったから」という理由で中止になったそうです。

まあ、苦情があったというのはただの口実なんだと思います。
本当は前々から中止したくて仕方がなかったのでしょう。

---------------------

そもそもこの企画のおかしい所は、「アルプスの少女ハイジ」の施設なのに、アニメ全般を扱ったコスプレ大会を開いているところです。
考えてもみて下さい。ハイジをモチーフにした、のどかな山奥の施設に‥‥‥青髪・銀髪のコスプレイヤーが大挙するさまを。
(実際、東京から相当な数の参加者が押し寄せたそうです。)

過去の大会の写真も見てみましたが、たしかにハイジとは全然関係ないです。というか、こんな施設で水銀燈のコスプレなんかするなと小一時間(ry

それこそ「ハイジの村」じゃなくて「アニメの村」になっちゃうんじゃないかって感じです。

完全に民間の、利益至上主義の企業なら、これをうまく利用して、もっと客を集めようとするのかもしれませんが、まあ、この施設の設立理念とかを考えると、中止するのが賢明でしょうね。

-----------------------

秋葉原の歩行者天国問題といい、メイド喫茶の客寄せといい、どうも最近はオタクっぽさを前面に出した行為が目立ちますが、普通、こういうのって、隠すモノだったのではないでしょうか?
少なくともひと昔前はそうでした。

まあ、かくいう私も昔は、なぜ隠さなきゃいけないのか不思議で仕方がなかったのですが^^;
でも、アニメに興味のない人にとって、コスプレが「目の毒」になるのは、残念ながら現実です。

アニメ人口があまりにも増えすぎたので、かなり歯止めがきかなくなっているのも分かりますが、それでもある程度の「自重」は必要なんじゃないかと思います。

‥‥もっとも、実際に痛い目に遭わないと、それが分からないんですけどね。残念ながら。
ではでは。

●参考にした記事はこちらです(一定期間経つと消えます)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080606-00000037-yom-soci
posted by TCT at 10:48| Comment(0) | 日記

2008年05月11日

イソガシす

ここ数日ほど、仕事と通勤と睡眠以外のことができてないです。

もちろん今日も、明日も、先週も。


‥‥身体こわすかも。マジデ。
posted by TCT at 01:38| Comment(2) | 日記

2008年05月04日

死ぬけど死亡しないパンダ

先日、上野動物園で飼育されていたパンダ「リンリン」が息を引き取りました。
そんなわけで新聞各紙にはその記事が載ったわけですが、その記事を読んだとき、私は妙な違和感を感じました。

それは、ほとんどの新聞が「リンリンが『死んだ』」と書いていることです。
見出しにも「リンリン死す」など、ずばり「死」と書いている記事が多いのが印象
的でした。

--------------

まあ、文字の意味的には、「亡くなる」という表現は人間に対して使うものだと定義されているので、「リンリンが死亡した」という書き方ができないのは分かるのですが‥‥それでも新聞各紙に、普段滅多に使われないような「死んだ」という表現が使われているのが、印象的に感じたのでした。

ではでは。
posted by TCT at 12:26| Comment(0) | 日記

2008年05月01日

福田総理は策を誤ったと思います。


暫定税率が復活し、ガソリンの値段が3月のときよりも高くなりました。

さて、先日の日記で民主党側への批判を書いてみましたが、自民党側の対応にも大
きな問題があると思います。
それは(何度か書きましたが)去年度までの暫定税率のまま法案を通したことで
す。

この混乱に乗じて、税率をわずかでも下げて通したら、まだマシだったのかもしれ
ませんが‥‥‥実際には税率は下がらず、その一方で原油そのものの原価が上がったた
め、庶民には「ガソリンは4月で値下がりしたけど、5月になったら今まで以上に
高くなった。」という印象を与えてしまいました。

ガソリンの値段を下げてから、またそれ以上に上げる。
このパフォーマンスは、首相の支持率を落とす最高の方法だと思います。
庶民にとってはぬか喜びどころか、3月以上にガソリンが高くなって、さらなる苦
しみがのしかかってくるのですから。

まあ、普通は「ガソリンの値段を今まで以上に上げやがって。」という感想になる
と思います。というか実際そうなってます。
4月の値下げがなければ、まだマシだったのかもしれません。
でも「下げてさらに上げる」という混乱は、庶民感情を確実に悪化させてしまいま
した。

‥‥ここでこの問題の、問題点を整理してみます。
個人的には3つぐらい問題があると思います。

・自民党が暫定税率をそのまま通したこと。
・民主党が国会と世間を混乱させたこと。
・福田総理がまんまとそれに乗せられたこと。

特に3つ目が問題ですよね‥‥
「ぼやき」や、例の「KY応援」で国民の理解を得ようと頑張ったと思われます
が、それでは民主党を悪者にすることはできませんでした。というか逆効果になっ
てしまいました。

なんか、福田総理、負けたな、って気がすごくします。
下手すりゃ自民党の与党の座すら危ういかもしれませんね、これ‥‥(某薔薇人形な
某閣下が次期総理に‥‥とはならなさそうな気がします。民主党が変な意味で株を上
げている今の状況では。)

‥‥と書いたところで昼休みが終わりそうなので、この辺にしておきます。
ではでは。
posted by TCT at 13:01| Comment(0) | 日記

2008年04月29日

「A列車で行こう」最大の謎。

「A列車で行こう」というゲームがあります。

プラレースが大好きだった私は、当然のごとくこのシリーズも好きになりました。
実際、今までに「4」と「21」と「7」を買っています。

このシリーズも、ついこの間「8」が出たそうで、最新の「A列車で行こう8」では、ついに描画がフル3Dになって、町並みを3Dでいろんな角度から見渡せるようになっているそうです。

-----------------------

さて、この「A列車で行こう」シリーズには、1つだけどうしても腑に落ちない「謎」があります。
これは、ゲームを面白くするためには仕方がない仕様なのかもしれませんが、この仕様のおかげで、どうしてもゲームが現実離れしてしまうのです。

それは「建設には資材が要る」という点です。

貨物列車が資材を運んできて、その資材を使って建物を建てる‥‥‥たしかにこの原理は、当然といえば当然です。
でも、そのお陰で、新しく駅を作るたびに工場から一生懸命に資材を持ってこなければなりませんし、そして何より、ゲームが進むと資材がダブついて資材の置き場に困ったり、さらには貨物列車が足枷となって旅客列車のダイヤが中途半端になったりするなど、かなりの不便さをプレイヤーに強いているのです。

この仕様さえなければ、それこそ(資材のことなんか気にすることなく)街創り・ダイヤ創りに集中できますし、資材の残り数を気にすることなく街を眺め続けることもできます。

だからいっそのこと、この「資材」という概念を廃止してみてはどうだろうか? と思うのです。

----------------------

現実問題として、資材なんてものはトラックで運べます。というか現実の資材はほとんどトラックで運んでいます。(少なくとも鉄骨を列車で運んだりはしません。)

仮に貨物列車を残すとしたら、「資材を運ぶ」という目的ではなく、「貨物駅から貨物駅に『小物』を運んでその運賃で儲ける。」という目的にした方が良いと思います。(そうすれば現実のJRのように、貨物と旅客を混ぜたダイヤを組むことができますし、私鉄のような旅客専用のダイヤを組んで楽しむこともできます。)

---------------------

もちろん謎はそれだけではなく、「駅間を移動するのに3時間も4時間もかかるのはおかしい」とか「朝8時に列車に乗った乗客が19時に列車から降りて‥‥いつ働くんだよ‥‥」とかいう謎もあるのですが、個人的にはこの辺は気になりません。(もちろん、分単位で現実的なダイヤが組めたら申し分ないですが、それをやると少しダイヤを組むだけでものすごい時間がかかりそうなので、少し問題だと思いますし。)

‥‥とまあ、久々にA列車のサイトを見て、ふとこんな事を思ったのでした。
ではでは。
posted by TCT at 20:56| Comment(0) | 日記

2008年04月27日

暫定税率、また復活。駆け込み需要相次ぐ。

4月1日に暫定税率が一旦解除され、5月1日にまた復活することになりました。

まあ、そんなわけで「こんな混乱を招いた福田総理は退陣しろ」とかいう事を、どこかの党が言いそうな気がするのですが。

でも、この混乱を招いた現況は本当に福田総理なのでしょうか?
違うような気がします。

---------------

4月に暫定税率が失効したのは、民主党が審議に全く応じなかったからであり、3月中に審議に応じるなり福田総理と何らかの話し合いをしていれば、4月の混乱は避けることができたでしょう。(話し合いをした上で混乱が起きたのなら仕方がないことです。)

では5月に暫定税率がまた復活するのは誰のせいなのでしょうか?
ごくごく単純に考えれば、自民党が法案を可決するから悪い! という論理になるわけですが、そんな理屈が通るわけがないのは明白です。
たしかに、「今までの税率のまま」法案が通るのは問題があります。その辺りは、全く値下げに応じなかった自民党に非があるでしょう。
‥‥でもよく考えてみて下さい。民主党は、その「話し合い」を持ちかける事すらしていないのです。
福田総理は、話し合いをする考えを示していましたが、民主党はガン無視しました。そしてそのまま審議拒否を続け、そのまま4月になってしまったのです。
そして今も、さも自民党が悪いと言わんばかりにキャンペーンを繰り広げ、あわよくば総理を退陣させて与党の座を奪おうなどと目論んでいるようですが‥‥‥これって、ただの利己的な行動に過ぎないと思うのです。

というか、最初から福田総理の支持率を落とすつもりで、こんなパフォーマンスをしているのではないかとさえ勘繰りたくなります。

というか、審議拒否で法案成立を遅らせたところで、5月になれば衆議院で再可決されるのは誰の目にも明らかだったわけで。
ゆえに、この混乱は民主党によるものと言えるのではないでしょうか?

それを棚に上げて、総理がどうとか退陣がどうとか言うのは‥‥‥ほんと、イヤラシイとしか言いようがないと思います。
posted by TCT at 16:57| Comment(0) | 日記

ニュースチェック。

1人暮らしを始めてから、めっきりテレビを見なくなったので、最近の情報源はもっぱら、昼休みに見るGoogleニュースとYahooニュースです。(あとは帰ってから某動画サイトに上がってるニュースを見る程度です。)

ネットの情報源というのは、けっこうサブカルチャーな部分も扱ってくれているので結構ありがたいです。でも、それだけだといわゆる「世間の情報」からかけ離れていってしまう可能性がありますので、できればTVのニュースも見たいところなのですが。

‥‥TVのニュースって、活字と違って自分のペースで読めない上に流れる時間も決まっているので、なかなか見れないというのが実際のところです。
例えば毎朝7時に起きてニュースを見る‥‥‥とかいうことができるほど朝に強くもありませんし、毎朝8時にテレビをつけてニュースを‥‥‥というほど規則的な生活もしていません。(気がついたら8時10分だった、ということもざらです。)

それならば新聞を取るべきなのかもしれませんが、このオートロックのマンションで新聞を取ることができるとは思えません。
毎朝下に降りてポストを開ける習慣をつけられれば良いのですが、そもそも外に出れる格好になるのが出発直前なので、それも無理です。

というわけで、ネットのニュースが主流になってるわけですが。
‥‥上記のような理由により、なんだかなぁって感じです。

-----------------

そういえば最近チベットの事が色々言われていますが。
個人的には、中国のチベット支配は(国際法上は)何ら問題のない行為であり、あとは中国自身が自らの国益を考えて処遇を考えるべき事なんじゃないかと思っています。
(つまり、フリーチベットを叫ぶのは内政干渉に当たるのではないか? ということです。)

まあ、中国の人権の扱いが(世界の多くの国に比べると)良くないのは事実ですので、チベット人をその非人権的な支配から解放してあげたいという気持ちは分からなくもないです。
それに、聖火リレーの様子をみる限り、中国側もなんかキナ臭いことやってるみたいですし。中国に良い印象は持っていません。

だからといって、当事者以外の人間がヒートアップしてフリーチベットを叫びまくるのもどうかなと思いますが^^;
まあ、この問題はそんな単純な問題じゃないと思いますので、私個人の感想はこの辺にしておきます。

ではでは。
posted by TCT at 16:23| Comment(0) | 日記

2008年04月08日

狼と香辛料とかDVDの値段とか。

「狼と香辛料」のキャラがロイツマに合わせてしゃべるMADがニコニコにありましたが。
今日、その作者の新作がニコニコに上がっていました。(「狼と香辛料MAD」でワード検索したら出ると思います。)

で、あのホロの独特の口調に、ついに惹かれてしまいましたので(おい)‥‥ためしに作品名でググってみました。

公式サイトであらすじを見ると、そこそこ面白そうな感じでした。
そのため、さらにこの作品への興味はつのっていきます。

さらにググってみたところ、うまい具合にバンダイチャンネルが引っかかりましたので、ためしに無料配信の第1話を見てみました。

残念ながら、まだ2話しか有料配信されてませんので、2話以降は(配信話数が増えるまで)お預けにしておきましたが、なかなか良さげな感じでした。いずれ購入しようと思っています。
(なお、例によって動画共有サイトは使いません。というか消されてるでしょうけど。)

-----------------------

で、驚くべきは、その有料配信の値段です。
第1話はなんと無料ですし、2話目以降も、105円というとても良心的な値段です。
1話あたり2400円近くするDVDとは大違いです。
 
続きを読む
posted by TCT at 23:27| Comment(0) | 日記

2008年04月04日

久々にATOKに戻る予定です。

私はATOK愛好家でした。

まだ一太郎がそれなりに栄えていた頃には、「一太郎搭載パソコン」というものが売られていました。
当時のMSワードの使いにくさは尋常じゃなかったので、当時の私は、迷わず一太郎搭載パソコンを買いました。

それ以来私は、ATOKのキー設定にしないと文字が打てない身体になっています。

-------------------

パソコンを買い換えたときに、ATOKのプロダクトキーを紛失してしまい、それ以来はずっとIME2003を使っていたのですが、数週間前のとある出来事のお陰で、久しぶりにATOKを買ってインストールしようという気になりました。

IME2003はそこそこ使いやすくて、変換精度もまあまあ満足できる感じだったので、わざわざお金を出してATOKに変える気はなかったのです。数週間前のあの出来事がなければ、私はこれからもずっとIMEを使い続けていたでしょう。

しかし数週間前、あるOfficeソフトの体験版をダウンロードしてから、全てがおかしくなりました。
なんとそのソフト、パソコンにインストールされているIME2003を勝手にバージョンアップしやがったのです。

そして代わりにインストールされたのは、IME2007というソフトでした。
お陰で設定とかが全てリセットされてしまったため、(登録単語以外は)全て設定し直す羽目になってしまったのです。

まあ、それだけならまだ良いとしましょう。
問題は、そのIME2007がバグだらけだということです。
 
続きを読む
posted by TCT at 00:56| Comment(0) | 日記

2008年03月30日

世界樹の迷宮病。

最近、世界樹の迷宮にハマっています。

‥‥と書きたいところなのですが、「ハマっている」というと、ちょっと嘘になるかもしれません。
なぜなら私は今、早くこのゲームをクリアしたくてたまらないからです。

-------------------

たしかにこのゲームは面白いです。
ゲームバランスも絶妙ですし、色々な工夫がされているのが分かります。
敵が本気で殺しにかかってくるのも、なかなかいい感じです。

でも‥‥たしかに面白いのですが。

いつクリアできるのやら全く見当がつかないのが問題なのです。
 
続きを読む
posted by TCT at 00:09| Comment(0) | 日記

2008年03月27日

外出。

珍しく社用で外出しました。

プログラマというと、社内でずっとプログラムばっかり組んでるイメージがあるかもしれませんが、お客さんとの調整とかで外出することもたまにあるのです。

問題は、そういう「調整」に参加するのが初めてだったという事です。

システムの運用(おもに本番対応)で外出することはありましたが、システムの(それもけっこう根っこな部分の)調整というのは、実は初めてだったりします。

ほんとに色々と学べました、ハイ。

-------------------------------

もっとも、そんな事よりも、駅を出てすぐに任天堂の本社が見えて、びっくりした事のほうが印象に残ってたりするのですが。(ぉぃ

ではでは。
posted by TCT at 21:58| Comment(0) | 日記

2008年03月20日

アスペルガー症候群 〜変わり者に付けられた症名〜

アスペルガー症候群、という障害があるそうです。
具体的には、下記のような人が、アスペルガー症候群に当てはまるそうです。

・他人の仕草や雰囲気から、相手の感情を読み取ることが非常に苦手である。
・会話の際、自分の興味ある事について(相手の興味などお構いなしに)一方的にしゃべる。
・しかも何を言いたいのか分からない。
・思考を言葉に出す。(ひとりごとが多い)
・予定が急に中止になると、ひどいかんしゃくを起こす。
・普通の人が恥ずかしいと思うようなことを、平然と言ったり行ったりする。
・相手の欠点を(悪気なく)ズバズバと言う。(本人はその行為が悪いことだと感じていない。)
・子供の頃から、大人びた難しい言葉や、場にそぐわないほどの丁寧語を使う
・常人が面白く感じないようなことを延々と続ける。
・ミニカー等のコレクションがすごい。
・クラスメイト全員の誕生日やフルネーム、もしくは電車の車両番号や日本全国の国道など、どうでもいい情報をこと細かに記憶している。
・規則に対して、異常なまでに従順で、融通が利かない。
・音や光、痛みなどに対して過敏である。
・言葉の使い方が、なんとなく変。(もしくは間違っている。)
・イントネーションが独特である。
・アイコンタクトが非常に苦手である。

http://www.autism.jp/asp/より抜粋)

‥‥こんな人、クラスに1人は居なかったでしょうか?
だいたい、100人に1人ぐらいが、アスペルガー症候群であると言われています。
多いのか少ないのか、よく分からない数字です。
 
続きを読む
posted by TCT at 18:13| Comment(4) | 日記

2008年03月18日

そろそろサイトをリニューアルしたい今日この頃。

と言っても、別に更新頻度が増えるわけではないのですが。

いい加減、隔離したいコンテンツとかもありますし、そもそもCSS完全非対応という、Web1.0ばりばりのページだったりしますので、少しはどうにかしたい気分です。

---------

とはいえ、結局するのは「隔離」だけで、消すことはできないんだろうなぁ、と自分でも思ってます。
法的にヤバかったものと、他人のプライバシー的にまずそうなものを消したことはありますが、基本的にサイトのコンテンツは消さない主義です。

18歳の頃にUPした文章とか、今読むと相当恥ずかしい物もあるのですが‥‥まあ、こういう時期があったのも事実ですし、それに、こういう(いわゆる厨房的な)文章を読みたい人だってたまに居るみたいですし、残しておくつもりです。
もともとサブカルチャーなサイトですしね‥‥

--------

それよりも問題は、どんなデザインにするかということです。
今どきの「左にメニューバーがあって、真ん中がコンテンツ」という、いわゆるブログ的なレイアウトが一番、利用者にとっては使いやすいと思うのですが‥‥あんまりデザイン的な流行に乗るのが好きではないので、できればこれは避けたいです。

とはいえ、今までの「トップページ→サブページ→コンテンツ」というスタイルだと、今とあんまり変わりません。

あと、フレームは非対応ブラウザが未だにあるので(というか、Webの標準からとっくに見放されているスタイルなので)極力使いたくないです。(便利なんですけどね。)

------------

とまあ、悩むだけで楽しいのがサイト作りというものです。
もしかしたら、悩むだけで満足して結局何もしないかもしれない‥‥という、だらしない結末も大いにあり得るので(というかそっちの確率の方が高いので、)まあ、ここに書いてあることは、ある意味「妄想」なのかもしれません。(ぉぃ

とまあ、妄想を楽しんだところで、今日は筆を置かせていただきます。
次いつ筆を取るのかは、例によって全く分かりません。

ではでは。
posted by TCT at 22:03| Comment(0) | 日記

2008年03月15日

食べ物で見る戦争史。

これを見てハンバーガーが食べたくなった私は、きっと異端なのでしょう^^;



ほぼ全てのシーンにハンバーガーが登場してる所とか、色々と考えさせられます。
posted by TCT at 16:33| Comment(0) | 日記