2015年03月15日

P2PでTCGを対戦するソフトでイカサマを対策するには(実装編)

※この記事は、前記事「理論編」の続きです。

誰得記事の続きです。長くなったので2つに分けました。
今回は、アリスとボブに実際の実装内容を、実演してもらいます。
 
続きを読む
posted by TCT at 13:12| Comment(0) | 日記

P2PでTCGを対戦するソフトでイカサマを対策するには(理論編)

※やや専門的な記事です。この記事を理解するには、基本情報技術者レベルの知識が必要かもしれません。
※TCG(トレーディングカードゲーム)の知識も必要です。


リアルでTCGを対戦するのは楽しいものですが、忙しくなるとそうもいかなくなってきます。
また、オンライン対戦の方がリアル対戦に比べて、短時間で対戦できるというメリットもあります。

そんなわけで、オンラインでTCG対戦ができるソフトの需要は確かにあるのですが、オンライン対戦ソフトを作るにあたって、1つ考慮しなければならない事があります。

それが「イカサマ」や「チート」と呼ばれるものです。

普通のネトゲなんかでも、チートプレイヤーなるものが居たりするのですが、ソフトの設計に問題があると、TCGでもこれができてしまいます。
そこでこの記事では、TCGのネット対戦で「悪いプレイヤー」が使うであろうイカサマと、それを対策するにはどのようなロジックにすれば良いか? という事を考察していきたいと思います。

−ご注意−
最初におことわりしておきますが、私はオンラインTCG対戦ソフトを開発しているわけではありませんし、そんな計画もありません。
ただ単に、こういうヤヤコシイ事を考えるのが好きなだけです。

 
続きを読む
posted by TCT at 12:40| Comment(0) | 日記

2015年03月14日

[libGDX]Androidアプリケーションが起動できない問題

Androidとデスクトップの両方で動くアプリをJavaで開発できる、という素敵ライブラリ、libGDXを先週あたりから色々いじって勉強中です。(Gradleを入れたのもそのためです。)

が、デスクトップ向けはどうにか動くようになったのですが、Android向けが全く動かないのです。
具体的には「LogCat」の所にこんなエラーが出ます。

Libgdx requires OpenGL ES 2.0

色々調べてようやく下記のページに行き着いて解決したのですが、英語ですので日本語で解決法を書いておきます。
http://stackoverflow.com/questions/22703940/libgdx-helloworld-project-crashes-when-run-on-android-emulator
 
続きを読む
posted by TCT at 19:32| Comment(0) | 技術情報

(覚え書き)Gradle初回実行時に「指定されたパスが見つかりません」と言われた場合の対処

カテゴリ:Java Gradle

わけあって、Gradleをインストールする事になりました。
Gradleとは何ぞや? という説明はこの記事の趣旨ではありませんので、それについてはこの辺をご覧ください。簡単に言うとJavaでプログラムをする時にプロジェクトをひとまとめにできる物? っぽいです。

さて、私がハマったのは、下記のような現象です。
・EclipseでGradleのプロジェクトをインポートすると「指定されたパスが見つかりません」と出る。
・C:\Users\(ユーザ名)\.gradle にファイルが無いと書かれていたので、ユーザーフォルダを見てみたところ、そもそも「.gradle」なんていう名前のフォルダは存在しない。


ちゃんとインストールできていないのかと思い、コマンドラインから「gradle --version」と入力してみたところ、やっぱり英語で「C:\Users\(ユーザ名)\.gradle にJNLライブラリを作成できない」(could not create jna native library)とか言われました。

結論を言うと、「.gradle」フォルダを作ろうとしたけど、管理者権限がないからフォルダを作れなかったのが原因です。
C:\Users\(ユーザ名)\ は特別なフォルダなので、管理者権限がないとアクセスできないのです。
(ユーザーアカウント制御(UAC)を切ればアクセスできると思いますが、さすがにそれは怖いですよね。)
 
続きを読む
posted by TCT at 11:56| Comment(0) | 技術情報

2015年01月24日

2015年冬アニメ雑感

とまあ、いつもの恒例の記事です。
ある程度紹介を織り交ぜながら、ネタバレにならない程度に感想を書いていきます。

今期は忙しいので、あんまりたくさん見ていません。そのため、ここに書く数も少ないです。
あと、録画機を購入したので、関西圏で放送しているアニメなら、ネット配信してなくても見れるようになりました。
 
続きを読む
posted by TCT at 13:23| Comment(0) | 漫画・アニメ

2015年01月12日

文章の癖。

最近、小説を書きたい衝動が再燃していたりします。
まあ、数年単位でちょっとずつ書いて、未だ完成していないのが殆どなのですが。

で、その小説、書き始めたのが10年前だったりするのですが、この10年の間に文章の癖がだいぶ変わってきたなと痛感させられました。

昔は、句読点‥‥‥特に読点をたくさん付ける癖があって、けっこう頻繁に読点を入れていました。
それは必ずしも悪いわけではなく、例えば操作マニュアルのように正確性を重視する文章であれば、頻繁に入れる方が良いそうです。なので、今も仕事のメールや仕様書など、用件を正確に伝える事が重要視される場合は頻繁に入れています。

が、ブログの文章や小説では、最近あまり入れなくなりました。
それでもまだ読点が多い方だと自分でも自覚しているのですが、読点の少ない文を読むのは私自身が苦手ですし、「ここではきものを脱いで下さい。」のような事にならないか心配になってしまうので、たぶん今よりも読点が少なくなることは、たぶん無いと思います。

あと、昔の小説を見ていると、視点移動が多くて愕然としました。
要するに、一人称小説で地の文が全て「俺は〜」で始まっていたのが、次の節ではヒロイン視点の「私は〜」に変わってしまっているのです。

まあ、これは「絶対にダメ」というものではなく、素人小説であれば(誰視点かが分かるような書き方であれば)許容される事もあるのですが、嫌う人も多いので、ある時からは気をつけています。とはいえ、1人称の方が感情を存分に盛り込めるという大きなメリットがあるので、難しいところです。
書き出しを1人称で書いてしまったものの、途中でどうしても悪役が悪事を企むシーンを入れなければならなくなった。でも今更3人称に書き直せない! なんて事もありますからね‥‥‥ほんと悩みます。

まあ、それ以上に痛感したのが、文のバリエーションがまだまだ貧弱だという事なんですけどね!
最近小説はご無沙汰しているのですが、久しぶりに何か買って読んでみる方が良いのかもしれないですね。

‥‥‥とまあ、適当に思ったことをただ綴るだけの文章を書いたところで、筆を置こうと思います。
ではでは。
posted by TCT at 23:20| Comment(0) | 日記

2015年01月01日

サザンのピースとハイライト、雑感。

紅白であの曲を流すなんてNHKも思い切った事をするなと思いました。
国営放送であの曲を流す事の是非はともかく、絶対抗議の電話とか来てそうな気がします。

で、思ったのはあの歌詞を聞いて、やれ反日だ親韓だという反応がネットに出ていて、あーやっぱりといった感じなのですが、あの歌詞のどこを見ても、そういう曲には見えないんですよね。
みんな落ち着けと言ってるだけのような気がします。ケンカしてもしゃーないだろと。そういう意味に取れるのですが、どこをどう読めば反日になるのかイマイチ分かりません。

思い当たるとすれば「裸の王様」の一文は確かに過激ですが、問題になるほどひどい表現だとは思いませんし、そもそも誰を指して言っているのかも分かりません。
この国の王様の事を言っているようにも見えますし、隣の国の王様の事を指して言っているようにも見えます。どっちの王様にも当てはまりそうなのです。

最後に蛇足ながら、私自身の主張を載せておくと。
たしかに隣の国に頭を下げるのは下策だと思いますし、いいなりになるのもダメだと思います。ただ、暴言や暴力でケンカするのも下策だと思います。ぶっちゃけ、そんなんで解決するわけないじゃんと思っています。
暴言吐いてミサイルチラつかせれば相手が黙ってくれるなんて、そんな幸せな事は考えてませんので。
むしろ、それを逆手に取って、日本ってこんなに酷い国なんだよ助けて! とか言って被害者ヅラされるのがオチです。

向こうは向こうで、武力で不法占拠とかやってきてますけど、殴られたら殴り返す、という対応が恨みしか残さないのは分かりきった事ですし。
なので、頭下げるのも、拳振り上げるのも下策だと思うんです。
ブチ切れない程度に、地道にやっていくしかないと思うんですよね。向こうが間違っているのなら、そのうち向こうがボロを出してくれます。でも今の状況だと、こっちがキレてボロを出してますよね。

とまあ、私は上記のような考えを持っていますので、この曲の歌詞には概ね賛同しています。
あと、今の首相はキレすぎず地道にをちゃんとやっているような気がします。多少挑発的だとは思いますし、ミスってる部分もあると思いますが、ダメとは言い切れないんですよね。

とまあ、新年早々政治ネタになっちゃいました。
まあ、ここはあのアニメのあの人の言葉を勝手に拝借してお茶を濁しておきましょう。

なんもかんも政治が悪い‥‥‥じゃなかった。なんもかんもNHKが悪いという事で。
ではでは。
posted by TCT at 00:50| Comment(0) | 主張とか